瓦を取り除き、金属屋根に張り替えますっ

0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

    JUGEMテーマ:DIY

     

    ご覧の通りの瓦屋根。

    6坪ほどの小さな小屋なんですが、トタン壁はくたびれてて破風板はもう腐りかけ・・・。

    幾十年にもわたってなにも手入れをされていない状態みたいです。

    遠目過ぎてあまりよく分からないかもしれませんが、瓦屋根もかなり痛んでいます。

    ちゃんとした本瓦ですが、年期も入ってて全体的にズレ落ちてきている感じ。

    瓦自身もかなりくたびれかけてて、ひび割れているのも何枚もあり、雨漏り箇所はその辺りすべて・・・。

    ってもうダメですやん。

    「この屋根、どんな感じですか、治せそうですか。」

    って聞かれましたが、「もうだめですねっっ」て即答するしかありませんでした・・・。

    「どんな感じにするのがいいですか。」

    「瓦は前部撤去して、新しく屋根を葺くのが良いと思います。」

    「やはり瓦がいいですか。」

    「用途は物置ですので、瓦は高くつくのでお勧めしませんよ。」

    「なにがいいですか。物置ですからそんな高い材料でなくていいんですが。」

    「ガルバリウム系の金属屋根が経済的で、耐久性もそこそこあっていいと思いますよ。」

    っていうやり取りをしながら、金属屋根に葺き替える運びとなりました。

    道路傍ですのでガルバリウムの波板はあまりにみっともないということでしたので、見栄えの良い住宅用ガルバリウム金属屋根でいっときましょかね~。

    ということになりました。

     

    ではいよいよ瓦の撤去のスタート。

    っていってもパッパッといくわけではなく、すったもんだするわけですね。

    昔の造りの屋根ですから、瓦の下地には思いっきり土が盛ってあります。

    このご時世、これらの廃棄にも気を遣わなければならない始末。

    なんとか地元の方のご協力で、土は山への投棄の許可を得ます。

    瓦はとりあえず綺麗な状態のまま撤去して、山肌に積み上げて置いときます。

    ガーデニングに利用したり、玄関へのアプローチで脇に使ったり、畑の仕切りに利用したり、もともと対候性があるのでなにかと重宝するんですよ。(ってそんなに数必要ないでしょ!)

    解体屋さんにかかったりしますとそんな悠長なことはしていられないので、一切合切トラックでポンですが・・・

     

    実はこの日、施主さんのご一家が総出で手伝ってくれてるんです。(お母様も)

    なにせ作業員はボク一人です・・・。

    瓦を撤去する日はみんなで手伝いますよって名乗り出てくれてました!

    瓦はバケツリレーで3~4枚ずつ、手渡しで下に下していってるんです。

    土に至ってはまさにバケツリレーですよねっ、バケツいっぱいになったらバケツリレ~~

    勾配は5寸勾配と、一般的には急な勾配ですので足元には気を付けてくださいね。

    また、雨漏りが原因で野地板がそこここで腐ってて、抜け落ちる箇所がありますよ、落とし穴に落ちないでください~。

    まあでも高々6坪の小屋ですので、昼までにはいい感じで撤去が進みました。

    今日は天気もいいですし。

    よし、この流れで野地板も全部剥がしちゃいましょ~

    皆様、段取りがよろしいようで。

     

    ここからは一人作業ですっ

    腐ってる垂木は一本一本撤去。

    使えそうな垂木は残しましょ。

    写真の右側の屋根の垂木は、だいたい撤去されちゃいましたね。

     

    同じサイズの1寸5分角の垂木を用意して、新しく挿入。

    垂木の材料は紀州杉~

     

    垂木の施工が終わったら、2メートルで頼んでた新しい野地板を張りましょ~

    節は極力少なくしてもらって、仕上がりが5分厚で注文。

    なんと立派な野地板です。

    最近の建物は9割以上、野地板には合板を用います。

    ボクはこれがイヤなんですよね・・・

    今回はこの野地板自身が天井の役割を果たすこともあり、意匠として少々考慮したので紀州杉の特一等材。

    この建物、物置は物置なんですが施主さん、ちょっとしたこだわりも見え隠れされてまして、純和風のアトリエ的な仕上がりを希望されてるとお察し致しましたのでっ

     

    小さな小屋にもかかわらず、なんといっても築100年は経過しているという、超レアな価値のある造りです。

    壁はもちろん土壁、荒壁仕上げ。

    梁は松なんでしょうか、タイコに挽いた意匠的にも感じのいい趣のあるものです。

    棟木と母屋には、ヒノキの丸太なんかが入っちゃってます。

    そりゃ、ここに合板の野地板はないですよね。

     

    無事に雨の日を迎える前にルーフィングまで張ることが出来ましたっ

     

    では続きましては屋根を張る準備。

    グルリと屋根の四方に、唐草(ってよばれる板金の役物)をステンレスのスクリュー釘で固定します。

     

    日を改めて、注文していたガルバリウムの板金が早朝に到着。

    今日もいい天気だ。

    一気に張りにかかりましょ。

    ステンレスのスクリュー釘で、下から順番に一枚ずつ引っ掛けるように張っていきますっ

     

    棟らへんはちょっと時間を要する作業。

    ツカミ(っていう写真のペンチ)で板金を折り曲げて雨仕舞いを施して、棟包みをのせる準備。

     

    サンギをビスで固定して、先程の折り曲げた屋根材をステンレスのスクリュー釘で打ち付けますっ

    で、この上に仕上げの棟包みの板金がのっかることになりますね~。

     

    ジャストフィット!

    2枚に分けて発注した棟包みの板金を、ステンレスのスクリュー釘で固定したら、完成間近。

    ホッと胸をなでおろす時間に移ります。

     

    無事に屋根の施工が終わりました。

    途中何度か雨天にあいましたが、なんとかかんとかブルーシートやブラ板なんかを被せて凌いで参りました。

    やれやれやなあ、よっしゃできた、そんな気持ちが入り混じる瞬間。

    感慨深い時間です。

    このあと、この物置小屋の電気工事や破風の取り付け、ちょっとした造作・内装工事などに移行していきますが、また次回のネタのためにおいときますねっ

     

     

     


    お寺の渡り廊下の改修です。

    0

      JUGEMテーマ:日々のくらし

      JUGEMテーマ:DIY

       

      市内にあるとあるお寺さん。

      とても立派なお寺で、本堂の濡れ縁グルリと位牌堂の濡れ縁グルリには、2寸の厚みはありそうなケヤキを惜しげもなくふんだんに使用した、なんとも贅沢な造りのお寺なんですよね。

      いやあ、まさにバブルでしょ、今のご時世でそんな材料を使った建物にはまずお目にかかれないのではないでしょうか。

      そんなお寺の、本堂と位牌堂をつなぐこちらの渡り廊下。

      屋根が高いこともあり、長年、風雨にさらされていましたので、床板は立派なヒノキといえども端からだんだんと弱ってきています。

      いよいよ檀家さんが歩かれるときも気になさるくらいになって参りました。

      こちらのお寺の住職さん、腐食の具合をずっと気にかけられていたご様子で、この度、いっそ床板を張り換えてほしいとのことでした。

      え〜っ、ボクがこんな立派なお寺の大事なところを任されていいんでしょかぁ〜

      ってちょっと不安。

      あっ、はいっ、喜んでっ!

       

      では早速取り掛かることにしましょか〜。

      今ある床板を、一枚ずつバールを使って剥がしにかかります。

      いやあ、見事なもんですね。

      未だに当時の接着剤が十分に効いていますし、施工もボクが感心するようなやり方で張られています。

      もっとすんなりと剥がし終わると思っていたのですが・・・

      ただ釘が打ってあるってわけじゃなかったんですかぁ〜

      以外に苦戦です。

      なるほど、こんな風にやる方法があるのかって思いながら剥がしています。

      剥がすことによって、当時の床張りのやり方が分かるんです。

      たかが床を張るってことなんでしょうが、やはり「現場」が勉強のいい機会なんですっ

      ここを盗んどこうって感じで、チェック〜!!

      この床板、厚みは7分くらいなものの、幅が1尺もあるようなヒノキですので、ボクはまず普段は使わない立派な材料ですね。

      同じ厚み・同じ幅で仕上げにかかるつもりでしたので、あらかじめ新しく張るヒノキは製材所に発注してありますっ

      見積もりの値段を聞いてビックリですよね。

      そりゃ紀州材でいくつもりでしたし、幅1尺を超える材料ですから仕方ないですね。

      製材してもらってから1か月ほどは自然乾燥させておいてもらってて、先日、ようやく乾燥の連絡が入ったところです。

       

      むっ、なんじゃこりゃ。

      予想外の展開。

      床板だけを張り替える予定だったのですが、これは見逃してはいけないと思いますっ。

      この柱もそうですが、大引き(っていう横に入った材料)も接手付近はもうすっかり腐っております。

      こりゃ参った。

      すぐに住職さんに報告、ここどうしましょ。

      住職さんはすぐに総代さんに連絡し、総代さん、すぐに駆け付けてくれまして、たちまちここもやり替えるってことに決まりました。

      って、マジかぁ〜

      って顔は見せずに、はい、了解です。

      この柱は新しいものと差し替えて、大引きも新しいものと取り替えることになります。

       

      4寸の角材をつっかえ棒にして、柱を上下で切断。

      屋根さん、お願いだからしばらく落ちてこないでよね。

      で、大引きを含めた床廻りの材料も取りあえず全部取り除きます。

      使える材料は使って欲しいということでしたので、一部、保管しますっ

       

      さて、柱の加工に入ります。

      京都からわざわざご購入〜、ザ・磨き丸太!

      これ一本でもウン万円です。

      もちろん杉なんですが・・・。

      で、もちろん、このような代物を買うのは初めてです。

      普段は丸太を使う機会も少ないですので・・・

      っていうか、丸太って時間と手間がかかるでしょ〜。

       

      こんな感じに加工しました。

      大引きが入るところは鑿を使って矩を出して、手すりの丸太が入るところには丸く開口を設けます。

       

      新しい大引きも加工をし終えてから、現場に搬入。

      大引きは紀州ヒノキです。

      いざ、合体!

      なんとか納まりました。

      もともとある束石とホゾを利用して柱を挿入。

      もともとあった2本の大引きはまだ使えそうでしたので、使いまわしてます。

      奥の2本の手すりもやり替えました。

      手すりの材料は2等材の杉。

      手すりになる丸太も探したんですがいいのがなくて、「これでいい」と住職さんから了解をいただきました。

      ナル(っていう、田んぼとかでわらを干すときに使う長尺材料)を綺麗に磨いて、背割りも施してから手すりに代用することにしました。

       

      やっと床張りです。

      ようやく出番を迎えた、幅が1尺を超える紀州ヒノキ。

      厚み1寸を超えるヒノキを乾燥させてから、7分をちょっと超える仕上がりの厚みにまで製材所さんで削り落としてもらいました。

      これも結構お高い材料ですっ

      端から順番にノリと銅釘を併用して固定していきます。

      途中、どうしても気になるところは裏からビス止めも施して固定してます。

      幅が広い分、反りが気になるところですから。

       

      ようやく床張りも完了。

      カンナで四隅の面取りを施したら、一応完成としましょうね。

      おっかなびっくり住職さんにも現場を見ていただき、無事OKをいただきました。

      小さな小さな現場なんでしょうが、なにせ責任を伴っての一人作業ですので、どんな現場でも終わりを迎えるときはやれやれですっ。

      なんとかかんとか、終わり良ければ総て良しってことで、ほっと胸を撫で下ろす瞬間、無事の竣工をひとり心の中でお祝い。

      それでは今回はこれにてっ!!

       

       


      床に異変が!?小さ〜く張り替えの作業です。

      0

        JUGEMテーマ:DIY

        JUGEMテーマ:日々のくらし

         

        恐らく築100年は経過しているであろう、ザ・日本家屋っていうお屋敷。

        お屋敷って言ってもあまり手入れが充分にはなされていないので、屋根の一部が可哀想なことになっていたり、壁のところどころが剥がれかかっていたり、床にブヨブヨしているところがあったり・・・。

        なにせ、長年、人が住んでくれてなかったのでっ。

        ちょっと日当たりにも難あり的な立地環境だったりなのです。

        ですが、今はシェアハウスとしてちゃんと息を吹き返しつつあるんですよ。

        まだまだこれからもお屋敷さん、頑張り続けてくださいよ。

        っていうここのお屋敷なんですが、この度、床に異変を感じて連絡をいただきました。
        なんでも、床がずっと湿っぽいらしいんです・・・。
        別に雨漏りが原因で天井から落ちてきているわけでもなく、そこにピンポイントで水をこぼし続けているわけでもなく・・・。
        で、早速j現場に行って見てみました。
        床がたっぷりと水分を含んでいる模様ですっかり膨張していて、床がそこだけシミになり、凸凹になっているではありませんか。
        なんだなんだ~、何が原因なんだ~、と独り言を言いつつ床下を覗き込みました。
        ありゃりゃ~
        水道管が床下を巡っていました。
        そして、一部、塩ビのVP管が破裂しかかって水しぶきを上げているではありませんか。
        ちょうど噴水のように。
        それが床をめがけてパシャ~って感じ。
        床下の確認をちょっとでもすれば、すぐに原因だけはわかって頂けたはずなんですけどね・・・

        今日のところはなにも持ち合わせていないので、噴水箇所に洗面器で蓋をしてからその旨を電話でご報告。

        後日、床が乾いたころを見計らって床の張り替えと合わせて、噴水箇所の修理を行うことにします。

        床をめくらないと噴水箇所の修理が出来ないんです~っ

         

        さて、日を改めてから出動します。

        もうすっかり床は乾いてるようです。

        ですが、部分的な床の取り換えは必要っぽいです。

        床全面を張り替えるのはコスト的にも避けたいとのご意向ですので、患部だけを張り替えることにしましょ。

        ちょうど半分くらいが根太にかかる案配のところで患部の床をカット。

        とともに水道管修理に必要な開口を設けることができますね。

         

        手を伸ばして噴水箇所の水道管をカット。

        ちょうど曲がっているところで(エルボっていいます)噴水してました。

        目では確認が難しいくらいの小さな亀裂が入っているんですね。

        こんなこと、ボクは初めてでした・・・

         

        ここはHIパイプで補修しておきますかっ。

        で、今日はこれにて退却っ。

        工房に帰ってから新しく張る床の準備にかかるとしましょ~。

         

        開口部を極力小さくしたので、新しい床の材料も少なくてOK。

        手持ちの楢の無垢フローリングを拝借して、新しく張る床に充てることにしますっ。

        ボクは合板のフローリングは使いたくないのでありますっ

        で、床の色をなるべく違和感なくしたいと思うのですが、ボクの持っている一番違和感がなさそうな塗料はこれかな。

        ワトコオイルのエボニー色(で合ってたっけ??)。

        今や、DIYなんかでは自然塗料の代名詞的存在になっているワトコオイルさんですね。

         

        これが一回塗り。

        ん~、微妙な感じ。

        乾いてからもう一回塗った方がよさそうかな・・・。

         

        これが二回塗り。

        いい色になった、こんなもんかな。

        これでいこうか!

         

        ちょっと違和感は拭えませんが、二回塗りの材料で施工してみました。

        裸足で歩くことがある場所ですので慎重に。

        はしっこは面取りして、ノリと釘の併用で固定していきます。

        最終的にこんな感じに仕上がりましたとさ。

        おわり。


        天井の張り替え作業ですっ

        0

          JUGEMテーマ:日々のくらし

          JUGEMテーマ:DIY

           

          日本瓦が立派で昭和な感じのおうち。

          今でこそ瓦はちゃんと手入れされていますが、かつては長年の瓦の劣化やズレから雨漏りに悩まされた時期があったそうです。

          天井にはかつての雨漏りの名残りがちゃんとあるんです。

          当時の雨のシミがきれいに残ってて、見た目、決して綺麗とは言えない状態ですっ

          特にひどいところは表の化粧ベニヤが剥がれかかってて、天井からダラ~っと垂れ下がりつつある始末。

          この天井の真ん前が玄関ということもあり、このままではお客さんを迎えるのはさすがに恥ずかしいと思われてたみたいですね。

          そんなこんなでこの度、こちらの天井を新しく張り変えることとなりました。

           

          さて、早速作業に入ってみましょう!!

          まずは養生からっ。

          天井裏にはきっとたいそう立派な埃や土、ゴミなんかが堆積してるでしょうから。

          天井を剥がす際に周りの壁や部屋に危害を与えないよう、ぐる~っとブルーシートなんか張り巡らせましょ。

          もちろん床にも。

           

          バールと金槌、ノコギリなんかを持ち込んで、一気に剥がしにかかります。

          通常天井板は四方の隅に釘が打ち込まれて固定してあるので、この釘を抜きながら一枚ずつ剥がします。

          で、ここの天井は小屋組みから吊ってあるタイプで、吊元の釘も抜きながら剥がしますね。

          全部剥がし終えてから上を見上げると、まあ立派な小屋組みの材料がお目見えしましたよ。

          もう今どきの大手ハウスメーカー様の家では見られないような貴重な材料を使ってますね。

           

          下地をこしらえて、新しい天井を張る準備をします。

          で、今回張る天井材は手元にあった杉のパネリング材。

          もちろん国産です、紀州材ではありませんが。

          ちょうど3メートルの材料の在庫があって、またこの場所にピッタンコに納まるではないですかっ。

          この材料でいいっておっしゃっていただきましたので、甘えさせていただきました。

          本実の目透かし加工がされた杉材。

          幅が100ミリちょっとで、一枚ずつタッカーと糊を用いて張っていきましょ。

          上小節の、節の目立たない材料ですのでご安心を。

           

          材料を張っている途中。

          天井裏から見下げた感じ。

          手前部分には照明がくるところに開口を設けてて、電線を入れ込んでます。

           

          無事に完成しましたよ。

          最後の一枚を納めるのは相変わらず苦労しました。

          辻褄を合わせて加工した最後の材料を納めたら、天井裏から釘で仕上げることになります。

          一人での作業はなにかと困難な場面に出くわして、なかなか前に進ませてくれません・・・。

          それでも仕上がった暁に、下から見上げる時間は感慨深いものがありますね。

          今回も喜んでいただけたようでよかったよかった。

           


          シンプルな電気の引き込み工事、ですっ

          0

            JUGEMテーマ:DIY

            JUGEMテーマ:日々のくらし

             

            戦火を逃れた古いお屋敷たちが立ち並ぶ、結構文化資産的価値がありそうなエリア、の、とある小さなおうち。

            長年空き家だったのですが、この度、新しい持ち主さんの手に渡り、ようやく息を吹き返すことが出来そうです。

            で、もちろん電気もとっくの昔に契約を切られてて、初めて伺った日はなんか古めかしいお知らせの紙がぶら下がってましたね。

            玄関入ってすぐのブレーカー群はこんな感じ、至ってシンプル、ホントに昔っていう配線。

            単二線引き込みで、今やもうあんまり見かけない類です。

            しかも今は、ちゃんと分電盤を設置しないといけないですからね。

            今回は超お手軽配線で、最低限の生活ができるような電気が使えるように、っていうことなんですが、では早速工事してみましょう!!

             

            先ほどのブレーカーは撤去。

            新しくアンペアブレーカー40Aの分電盤を投入。

            6回路が取れますので、生活するのに最低限必要なものは確保できるでしょうね。

            もちろんオール電化や電気温水器、すべての部屋にエアコンなんてのは考えてはいけませんよ。

            もともとおうちにあった配線はまだ十分に使えそうだったので、分電盤の中に入れ込む格好で配線しておきま〜す。

             

            屋内側、取付完了。

             

            続いて外に移ります。

            そもそもおうちにくっついていたメーターボックス。

            とっくに古ぼけていて、単二用の小さなもの。

            今回、これらは使いません。

            引き込み線もろとも、撤去〜!!

             

            新しいボックスを設置します。

            単三用の大きめのタイプ。

            小さいタイプもあったりするのでそれでもよかったんですが、今後何があるかわからないですしね。

            引き込み線に用いたのは、VVRの8Φx3芯(っていう名前のケーブル)。

            40Aにはこの線が必要なんですよね。

             

            ふたを閉めたら一段落。

            これにて、準備完了。

            あとは関西電力さんにおまかせ。

            申請書を提出して、電気が使えるのを待ちま〜す。

             

            後日、ボックス内には無事にメーターが納まり、やっと電気が使えるようになりました。

            このおうち、まだすぐに人が住む感じではなさそう、十分に間に合ったのでよかったです。

            実はここのおうち、昔によくありがちだった長屋の一画なんですね。

            なかなか珍しい光景ですよね。

            そういえば、お隣さん、全く人っ気がないんだけど、隣も空き家なのかなぁ〜

             


            << | 2/50PAGES | >>