三棟目、「家」ではなく、正確には、セルフビルドな「トイレ」を作る!!

0
    JUGEMテーマ:日々のくらし


    JUGEMテーマ:DIY


    前回紹介した浄化槽のすぐとなりに、トイレをセルフビルドで作って見る。
    今回のトイレに関しては、施工上の都合から、石場建ての基礎ではなく、ブロック基礎を用いた。
    で、最初に取り掛かるのは、やはり、一棟目、二棟目と同じく、地縄張りの作業。
    ぐるっと四方に四角く水平でビシッと決まった枠を張り巡らす。
    今回のトイレはホントに小さい建物(一人入って窮屈なのだ)なので、作業もラクチン。
    このころはまだ、水平をとるのに、写真1枚目にある「水盛管」を使っていたっけ。
    今ではレーザーレベルが手元にあって便利なものだ。
    トイレの便座がくる位置まであらかじめ立ち上がりの配管を施しておく。
    また、電気配管、水道配管も同時に引き込んでおくことだ。(くれぐれも後からは面倒)
    そして、ブロックが積まれるところは適当に掘り込んで、砂利を適当に敷き詰め、その上に鉄筋をこれまた適当に敷き、「捨てコン」を流し込む。
    写真の一番奥にそびえ立つ塩ビのVU配管は、トイレ完成時に使用済みトイレットペーパーのゴミ箱になる。
    (以前も説明したが、この浄化槽にはトイレットペーパーはなるべく流さないで欲しい)
    後から設置するのが面倒で、この時点でコンクリートに接着させてやった。
    このトイレは水洗トイレになる。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.18 Monday
      • -
      • 01:56
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする