残土処理。

0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

    JUGEMテーマ:DIY

     

    三寒四温っていうにはまだちょっと早いんでしょうか。

    昨日と一昨日は暖かったですね、春爛漫な陽気でした。

    そして今日、まとまった雨。

    まあどうでしょう、2月はまだ始まったところで大変な寒さの季節のはずなんですが、そのあたり、今年は暖冬とのことであまり寒さは感じられませんね。

    それでも東北以北ではドカ雪の地域もあるとかなんですね。

    さて、いよいよ整地作業が始まりました!!

    って、このしょっぱなの作業が恐らくすべての工程の中での再重労働作業になるかと思われますね・・・。

    残土処理。

    ダンプやトラックが入ってこれない裏庭っていう場所になるので、手段はもっぱら一輪車。

    重機から一輪車に土を乗せて、表玄関側に止めてるトラックに積んでいきましょ~。

     

    こちらが表玄関側。

    軽のダンプが止まっています。

    一日だけレンタルしました。

    そこには歩み板。

    そうです、ここへ一輪車から積み込むんですね。

    土が乗る一輪車は重たいので、だいぶ助走が必要です。

    手前から少しずつスピードをつけて、歩み板は小走りで一気に駆け上がるっ!作戦。

    まあご想像通り、そんな楽な作業ではありません・・・。

     

    2トンダンプとかのレンタルも考えたんですが、地面から荷台までの高さが結構あるので、そこへ一輪車で上り下りするのはかなり大変かなと思いまして・・・。

    軽ですので積み込める量はホント少ないですが、まあそのへんはボチボチとやっていきましょ。

    積んで開けて、積んで開けて、ひたすらこの往復です。

    また、ダンプまでの距離もそこそこあったりで・・・

     

    これが限界。

    これ以上はちょっとやめときます、ボクは。

    もっと高く積みたいのもやまやまですが。

    荷台の上で一輪車も回転させて降りて来たいし。

    しかし、超オンボロのダンプだなぁ。

    このダンプ、ホントにボロで、運転席超レトロだし、エンジン音半端なくうるさいし、アイドリングの回転数に波があって、「おいおい、止まったらアカンよ」って感じ。

    なので、土もこのくらいの量で丁度いいかも。

    坂道なんてホント登らなくてすごい遅いんです、2速ぐらいでウワ~ンって高回転で。

    いやあ、タイのチェンマイに走ってるクルマを思い出しながら運転してました、とさ。

    懐かしいなあ~って・・・。

    って、タイで運転した訳ではないですが・・・(バイクは運転したなぁ、楽しかったよな、あの時・・・)。

     

    何回往復したことでしょう、10往復は軽く超えてる。

    実は毎日ずっと軽トラで作業を繰り返していましたが、今日だけこんな感じでダンプをレンタルしてますっ。

    一日だけ文明の利器を借りよう~って。

    開ける作業が断然ラクチン。

    当たり前ですね、レバーひとつ。

    軽トラでの開ける作業はこれまたエライっ。

    角スコップやジョレンなんかでエッサエッサ。

    ほらほら~、まだまだ~、やっと半分~、なんです・・・。

    土って重たいですからね~

    あ、ここは友人の畑で、なんと残土が有効に利用されていくのでした。

    そもそも畑になってた立派な黒土ですので、捨てるには忍びないことですもんね。

    距離的にはちょっと遠いですが、幸いにも再利用してもらえて土が喜ぶのでボクも有り難いです~

    是非とも使ってくだしゃれ~~

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.23 Friday
      • -
      • 13:07
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする