養鶏場に分電盤をつけました。

0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

    JUGEMテーマ:DIY

     

    12月だというのに、また随分と気持ち悪いくらいの温かさが続いています。

    寒いのも嫌ですが、寒くなるべき季節なのに寒くなってくれないのも嫌な感じですね。

    勝手な話。

    結局わがままなわけなんですね。

    そう、いつなんでもどんな場面でもそうですが、独りよがりな自分勝手なわがままはなるべくしないでいたいと思ってます。

    そうはわかっていても、知らないうちにそういう考えや振る舞いをしてしまってたりしますよね。

    で、それに気づくことが大切。

    恥ずかしかったなあってあとになって自分を戒める自分がいることが大事。

    ですよね。

    って、なんの話なんですか。

    さて、以前ポールまで電気の引き込みが完了していた養鶏場。

    まだ養鶏場自体は選手さん夫婦のセルフビルドによる建設途中でしたので、とりあえずポールまで引き込んでおきました。

    三相電源と単相電源をポールに取り付けたボックスまで引き込んでまして、あとは事務所スペースが作られてから事務所内に引き込みましょかっと話がまとまってました。

    ですのでしばらくは、ポールに取り付けてる外付けボックスから電気を延長コードで伸ばしながら使っていただいてました。

    さてこの度、ようやく事務所スペースが形になってきたとの連絡を受けまして、事務所に分電盤を取り付けるべく、必要な資材を準備しますっ

    さて作業当日、車に必要な道具・資材を積み込み現場に出かけます。

    片道一時間余り、現場に到着します。

    わぁぁぁ、鳥さんがいる〜

    何か月か前は全然ヒヨコだったヒナたちが、すっかりにわとりさんでした。

    まだ卵を産むまでには成長していないみたいですが、いよいよその時期も近いとのこと。

    えさにも十分にこだわって、理想の卵が出来るように飼育環境にもとてもこだわってるこちらのご夫婦。

    たまごちゃん、早く出荷したいですね。

    さて写真は、その飼育棟のすぐ脇を引き込みポールからず〜っと伸ばしてきた白いPF管。

    電線をポールから事務所棟までずう~っと引っ張ってきてます。

    打ち合わせの結果、電線は埋設しましょうってことなんですね。

    この2本のPF管の中にそれぞれ電線が入っているってわけでして、分電盤までず〜っと転がしていきます。

    VVF38Φx3ケーブル、何十メートルもこの管の中に電線を納める作業はなかなかの重労働ですっ

     

    ポールから伸びてきたPF管はいよいよこちらから事務所に入っていきます。

    一本が黒くなってますね。

    白いのがなくなってしまって、在庫にあった黒いのを継ぎ足して使わせていただきましたっ

     

    ここは事務所内。

    分電盤取付用に型枠を拝借。

    現場にあるものを使わせていただきます。

    型枠に開口を設けそこから電線を引き込み、分電ボックスを取り付け。

    左側が単相用、右側が三相用。

     

    まずは単相用の盤から作業を進めましょ。

    主幹ブレーカーに取付できるように、電線の先に圧着端子をセット。

     

    圧着端子、セット完了。

    とりあえず作業用で差し込みコンセントを一つすぐに使えるように、1回路分のVVF2.0x2ケーブルを出してますっ

     

    続いて三相用のボックス。

    40アンペアの漏電ブレーカーから30アンペアと20アンペアのサーキットブレーカーを並列につなげて出してます。

    今後、それぞれ三相用の機械、撹拌機とチョッパーとを使用する予定です。

    今はまだ機械は未到着。

     

    事務所内の盤が取り付けられまして、今回は作業終了。

    実はこの作業はひと月以上前に完了してますので、今頃は順調に養鶏場として運営されていることと思いますっ。

    バンバン出荷してるんでしょうかねっ

    このあと、ご自身で養鶏場内への電気設備とかタイマーとかの工事も頑張るっておっしゃってましたっ

    さて、どんな感じになってるのかなぁ

    これから寒くなってくるし、にわとりさんたちは元気なんでしょかぁ

    また近々遊びに行かせていただきますね~~!!


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.06 Thursday
      • -
      • 09:38
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする