小屋の入り口に引き違い扉を設置します。

0

    JUGEMテーマ:DIY

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

    とある小屋のプチリフォームっ

    住居ではなく、普段は物置として利用している6坪ほどの小屋。

    今回はここの小屋の玄関入り口に、引き違いの扉を入れたいと思いますっ

    実はこの写真、こちらの小屋の入り口にあたる場所なんですが、敷居がないんですね。

    でも鴨居はあるんです。

    想像するに、以前は引き戸が入っていたんだろうなって感じ。

    じゃあ今現在どうやって開け閉めしてるのかっていうと、幅2メートルを超えるトタンの大きな吊り戸が前面にぶら下がってて、毎回ガラガラ~って開け閉めしてるんですね。

    ですので、防犯上の危惧もあり、この入口には引き違いの玄関扉を付けることになりました。

    では早速作業に入りますっ

    取りあえず敷居がないので敷居を据え付けるところから始まるわけですが、ここには変な勾配も付いてるので直に敷居を設けるわけにもいきません。

    ですので、セメントで固めてから敷居レールを取り付けてみよう方式にしたいと思いますっ。

    で、その辺りで見つけた廃材の適当な材料で仮枠を組みにかかりました。

    で、ここ、ピシッと水平大事ですね。

    仮枠が組めたら、セメントが流し込まれる部分のコンクリートにはハイフレックス原液を塗りこんでみました。

    一応の下処理ですっっ

     

    そこへモルタルを流し込んでいきますぅ~

     

    表面を鏝で均して一応仕上がり。

    まあ、物置小屋ですからね・・・。

     

    モルタルが乾いたところを見計らって仮枠を取り除きます。

    そこへステンレス製の敷居レールをコンクリート用のビスで固定。

    この敷居レールはモノタロウでゲット~!!

    欲しいサイズを探しまくった結果、なんとかここで見つかりましたですっ

    いろんなサイトを探してなかなか見つからなかったんですが、さすがです、モノタロウの品揃え!!

     

    ここの入り口に納まる予定の玄関引き戸。

    玄関引き戸っていっても玄関用のものではございませんっ

    こちらの小屋の持ち主であるご主人、そんな立派な玄関を求めているわけでもございませんですっ

    ちょっと防犯を兼ねたいとのことでして、ここに納まる引き戸はご主人が用意されました。

    ついこないだまで、ご主人のおうちの台所で使われていた引き戸になりますっ

    ですので、もちろん中古。

    いいですね、この使いまわし方。

    あるものを何とか使って工夫しよう的な。

    こういうやり方、賛同しますっ

    ですが、ちょっとめんどくさいんです・・・

    そのまま何の加工もなしにスッポリと納まることはまずありませんで、今回ももともと備わっている鴨居に納まるように引き戸を加工する羽目になっておりますっ

    丸ノコと丸ノコ定規で引き戸の上部を上手に細工~、であります。

     

    無事に納まりました。

    意外と重量のある引き戸。

    わりとスムーズに開閉しますよ。

    おおよそ玄関には見えなくて、やはり台所との間仕切りみたいですね。

    ここは入り口ではありますが、鍵はございませんっ、その辺はご容赦頂いておりますっ

    鍵が必要になったならばまたおっしゃってくださいね~

    またなんとか考えましょうっっ

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.11.15 Thursday
      • -
      • 09:49
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする