ケーキ屋さんの内装の続きです。

0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

    JUGEMテーマ:DIY

     

    以前、厨房の内装を仕上げてすっかり什器が座った、新しくオープン予定のケーキ屋さん。

    山の中に出来るケーキ屋さんで、山の中だけにひっそりとはしているものの、ぜひガッツリといって欲しいですっ!

    今現在、まだまだオープンには時間がかかかるようで、8月中にはなんとか形にしたいって目下奮闘中。

    今回は出来上がった厨房に壁を製作して参りますっ。

    厨房の隣が持ち帰り専用の店舗になる予定です。

    で、厨房と販売店舗を分ける壁を作るって感じです。

    販売店舗って言っても小さなショーケースを置くのがやっとで、厨房も小さな小さなものなんですよ。

    でも厨房に一人、店舗にも一人、二人でするにはこれで十分と、意気込みは伝わってきますっ

    で、こちらの写真が小さい厨房になります。

    ちょうどこの手前側に壁を作っていく感じです~。

     

    早速作業開始です。

    壁の下地になる柱を等間隔にビスで固定していきます。

    そもそも広くない空間ですので、間仕切りの壁はなるべく薄く仕上げてあげたいですっっ。

    なので、柱にはすべて寸五角の紀州杉材を使用しますね。

    (ってそんなだったら全部が間柱って感じですがっ)

    そして、中央部にはこの空間にはまあまあのサイズの透明窓を配置。

    厨房と店舗との直接のやり取りに使用する用です。

    出来上がったケーキの受け渡し用ですね。

     

    では壁板を貼っていきましょう。

    小屋組みの部分の3角形の箇所は、針葉樹の合板で勘弁していただきました。

    小屋組みの材料との取り合いで、なんとも手間がかかるところですのでっっ

    桁より下側の壁部分には仕上げ材として10ミリ厚の杉の羽目板~

    柱に直接タッカーを使って打ち込んで、上から順番に仕上げにかかってますっ

    で、右端が厨房への出入り口なんですが、これ、結構狭いんです。

    構造上どうしてもこうならざるを得なかったんですが、幅44センチくらいしかない出入り口っ

    せまっ

    なんとかかんとかで、出入りは一応出来る感じです。

    ご主人、肥えたりなんかしてはいけませんよ。

     

    さあ、狭い狭い出入り口の扉を作っていきましょ~。

    新しく扉を仕立てるのか、古い扉を加工するのか、どうするのかちょっと悩みました。

    手持ちの扉を探してみたところ、こんなのが出てきたので、よし、これを加工しようってとこにたどりつきました。

    もちろん中古になるんですが、違和感なく納まりそうな雰囲気ですので。

    この扉はまだまだ綺麗ですし、その昔の建具屋さん製作の仕上がりのようですので重厚感もあり、そのまま使える環境がベストなんですが、すみません、今回は加工させていただきますね。

    ということで、取っ手を取り外して加工に入りますっ

     

    扉の真ん中を切り取って、左右を狭めちゃいました。

    ボンドを塗りこんだら、「ハタガネ」っていう道具を使ってギュッと締め付けますっ

    その後、各所をタッカーで補強し、上下には杉の補強材料。

    強度が心配でしたが、幅が狭いですのでそんなに荷がかからないでしょうし、開け閉めの衝撃にも耐えられると判断、で、いっちゃいましたっ!!

    こんなことをしたのはもちろん初めてっ

     

    無事に扉の取り付けが出来ました。

     

    扉周りの加工が終わったら完成~

    このような山小屋風の壁になりました。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.06 Thursday
      • -
      • 22:14
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする