風呂棟の上棟ですっ!

0

    JUGEMテーマ:DIY

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

    さあ、今日は棟上げです。

    風呂棟の上物の骨組みを組み立てていきましょか~。

    やっとここまでこれた。

    ってまだまだここからなんですけどね。

    雨が降る前に、なんとか早く屋根まで仕上げないとですっっ

    耐火煉瓦に耐火セメント、五右衛門風呂はあんまり雨に濡らしたくないのですっ

    いい天気だし、早いとこ、やってしまいましょ。

    で、今回の風呂棟作りは納期がややせいていたので、役割分担制にして作業をしてました。

    骨組みの仕組みは別の人に頼んでしまっていたのでありました。

    今日の朝、一切の材料が運び込まれました。

    で、運び込まれた材料のうち、段取りよく作業が進むように仕分け。

    まずは土台から組んでいきましょ。

     

    小さな小さな風呂棟。

    作業はスムーズに進みます。

    柱を建てたらその上に横に入る木を上からトントントン。

    脚立にまたがったら、カケヤっていう大きな木槌の出番です。

    あっちゅう間に骨組みは出来上がりそうです。

    使用している構造材は全て龍神産のヒノキ。

     

    「垂木」を乗せたら上から「野地板」をトントントン。

    野地板までヒノキですよ、なんて贅沢なんでしょう。

    後姿は、ここの住人「あっちゃん」。

     

    後日、ここまで出来ました。

    積まれているブロックはこれにて仕上がりでありまして、外壁は龍神杉の相じゃくり材をステンレスのスクリュー釘で打ち込んでいってます。

    出入口になっている扉はもともと雪見障子だったもので、以前に閉めてしまった建具屋さんからの頂き物。

    さすがにここでは障子はいただけないので、ちょっと細工して上部にガラスが入った板張り扉になってお目見え。

    住居から玄関を出てもらったらすぐにこの風呂棟がある感じなんですが、構造上、段差は逃れられません。

    階段みたいに一段上がってもらってから、サンダルを脱いで風呂棟の中に入ってもらうってことにならざるを得ません。

    どうぞご理解くださいねっっ

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.07.20 Friday
      • -
      • 23:07
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする