ひっそりオープンした「西八丁珈琲店」様、ビフォーアフター。

0

    JUGEMテーマ:DIY

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

    今月頭にひっそりとオープンした「西八丁珈琲店」様。

    ここ田辺界隈、奥に建築関係の事務所がある建物の一階の入り口になります。

    建物自体はまだ新築そのもので、実はこのお店、建築事務所所有で、今まで建築事務所の打ち合わせスペースとして設けてあった場所!?らしいです。

    設備はすべて整っているので、ほとんど投資をすることなく始められるのが何よりの利点ですが、テナントの形態としては珍しい形態です。

    で、最近では、大々的にオープンを告知せずに、しら~っと知らない間にオープンさせて、少しずつ改良を加えながらお客さんへの対応を慣れさせていくというのが主流になってきているようですね。

    特に個人営業店のような規模では、その方がのちのち功を奏する気がします。

    大きくオープンをうたってしまうと(普通のことでしょうが)、オープンした瞬間にお客さんがダ~っとなだれ込んでくるように押し寄せてくるので、半ばパニックになって対応してしまうため、おもてなしが充分ではなくなってしまいます。

    その結果、いい印象でお客さんには帰って頂けないので、それでは次につながらないですからね。

    っていうわけで、しら~っとプレオープンにこぎつけていますっ

    屋号の由来は、店のある場所の昔の地名とのこと。

    でなんですが、この度、ボクに内装の相談をしていただいたというわけでして、それがこのお店の店主さんとの出会いでもありました。

    店主さん、ウッディ(木)な感じにしたいとのことでありました。

    え、これをですか??。

    って感じでした。

    全くの真逆で、澄み切った感じの真っ白なスタイルの打ち合わせスペースなんですね。

    悪く言えば無機質で、緑がなくて落ち着かない感じ。

    キッチン周りに至っては、ステンレスの天板がむき出しで冷たい感じ。

    腰まであるウッド調のとってつけたシールのような材料がチープ過ぎる感じ・・・

    床はPタイルっぽくてやっぱ事務所・・・

    そんな印象でした。
    言いたい放題すみません、とてもきれいな空間なんですよ。

     

    プレオープンしたときのキッチン周りは、こんな感じになっていますっ。

    なんとなくウッディな感じに仕上がっている!?

    いろんなリクエストを少ない予算内で、なんとかかんとかの試行錯誤でここまでに至りました。

    後方の真っ白な棚板をウッディな板に変更したのが、一番最後にした作業です。

    なるべくにぎやかな感じにします、視線をいろんなところに移してもらうために。

     

    こちらは改装前のそもそもあった打ち合わせ席。

    こちらがお客さん用のテーブル席になるのですが、なんとも平べったくてやっぱり無機質で事務的な空間。

    実際はもっと真っ白な印象なんですが、このままではお客さんにはやっぱ落ち着かない感じでしょうね。

     

    プレオープン時のお客さん用テーブル席。

    こちらも、なんとなくウッディな感じに仕上がっているかな!?

    一番奥には店主さんのリクエストで、奥行きを出す効果のための大きめの鏡を3枚、鎮座させていますっ

    店主さんには喜んでいただけたようですので、やった甲斐がありました。

    床を別の材料でなんとかするまでには至りませんでしたが・・・。

    今回、店主さんと出会えたこともまた、貴重なこととなりました。

    また次回以降で、このお店の改装の詳細なんかをレポートしていかせていただきますっ!!


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.18 Monday
      • -
      • 01:15
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする