さあ、二棟目にとりかかる、まずは基礎から。

0
    JUGEMテーマ:DIY
    JUGEMテーマ:日々のくらし

    2005年4月。
    1棟目の隣に、6坪よりもうちょっと広いくらいの別棟を、またセルフビルドで建ててみる。
    1棟目が無事に納まったことがあり、かなり気持ち的に余裕があるのが分かった。
    この棟は遊び心を入れてみる。
    構造もちょっとだけ変化をもたせて、1棟目とは違う、何かがしたくなっていた。
    でも工程は全く同じ。
    まずは「地縄張り」。
    そして、基礎も前回と同じ、「石場建て」。
    基礎の置き方は、前回ほど神経質ではなくなってしまっている。
    まあ、こんなもんでいいか、って感じになってる。
    でも正確に。
    ちなみに石は、一つ一つ、山や川から拾ってくる。
    なるべく平らなものを探して。
    なかなかないんだな、これが一苦労二苦労。
    しかも重たい。
    軽トラに乗せるんだが、あゆみ板を荷台から地面にたてかけて、ゴロッ、ゴロッ、って1回転ずつ。
    なかなか荷台が遠い・・・


    次は「墨付け・刻み」

    0
      JUGEMテーマ:日々のくらし
      JUGEMテーマ:DIY

      前述したように、やはり次の工程も同じ、「墨付け」と「刻み」。
      この棟は、実は屋根の上に土を載せて、緑化屋根にしようと企んでいた。
      当然、やり方は分からないので、いろいろ調べて、知人にも聞きに走った。
      で、紀北のじょんのびってカフェのもとさんが、なんとボクに先駆けてじぶんちを施工済みだった。
      とても感謝してます、いろいろ丁寧に教えてくださった。
      で、なんとか自分の頭で行けそうってことになり、決行する。
      土は雨水を吸うからとても重くなると思い、必要以上に立派な梁にしてしまった。
      柱には、抜け止めのくさびをあらかじめ打っておき、「地獄ホゾ」にする。
      1棟目みたいに凝った継ぎ手は使わないで、ホゾは、「目違い」を使わず簡略化。
      ちょっとした変化だが、大きな成長だな、1棟目を基に、考える力がついてきた。
      そして、こうしようああしようがすぐに形に出来るのは、セルフビルドならでは。




      そして「棟上げ」その1

      0
        JUGEMテーマ:DIY
        JUGEMテーマ:日々のくらし

        やはりこの日が一番楽しい。
        わいわいと大勢でのお祭り。
        ほとんどが前回に来て頂いてるメンバー。
        この界隈にもセルフビルドしてる人たちは何人かいて、必要なときには力を貸し合ってる関係。
        今日はうち、次はどこどこ、って具合に、初めはもちろん素人だが、段々とみんな現場慣れしてくるのが分かる。
        なので、お昼ご飯にも話に花が咲く。
        この一日があるから、辞められないなあ・・・


        そして「棟上げ」その2

        0
          JUGEMテーマ:日々のくらし
          JUGEMテーマ:DIY

          今回の棟上げは、今日一日で、行けるとこまで行く。
          まだまだ日没まで時間はある。
          半分こきつかっちゃったかな。
          垂木を打ち、野地板を貼り、屋根の行けるとこまで行く。
          実はあらかじめそのつもりで、準備は整っていた。
          無事、野地板が今日のうちに全面貼られて終了。
          そして宴会。



          屋根に、防水シート「ルーフィング」を貼る。

          0
            JUGEMテーマ:DIY
            JUGEMテーマ:日々のくらし


            ルーフィングはロールで売られている。
            20メートルだったっけ。
            屋根用と壁用では厚みが違うけど、屋根用は厚い分、長さが短いのだが・・・
            近くのホームセンターに行けば、よっぽどでない限り、取り扱いはある。
            だーっと屋根に広げて、要所要所タッカー(ホッチキスのでかいやつ)で固定させる。
            これが敷ければ、雨には一安心。


            「草屋根」その1

            0
              JUGEMテーマ:日々のくらし
              JUGEMテーマ:DIY

              さあ、いよいよ緑化屋根に挑戦!!
              前回ルーフィングを貼ったが、その上に、なんとFRP施工してやる。
              これで、緑化屋根の完全防水を図る。
              FRPとは、強化プラスチックのことで、ガラス繊維が張りめぐっているので、曲げに強い。
              でも、プラスチックなので、紫外線には弱い。
              屋根には土が乗るので、紫外線はほぼ防げる。
              見えてくるところは、しっかりとペイントするとしよう。
              これもなかなかな作業だった。
              経験値はアップしたかな。
              トップには、これも遊びでスプリンクラーなんぞ付けてみた。
              でも、水やりとか、緑の世話を思い描くと、真剣に考えた結果だった。
              これがいいって!!
              しかし、後に発覚するが、実はこれは使えなかった・・・


              「草屋根」その2

              0
                JUGEMテーマ:日々のくらし
                JUGEMテーマ:DIY

                では、いよいよFRPの上に土を敷く。
                この土は、全てコーナンで買った花壇の土。
                この土に土木の土壌改良で用いるセメント系の配合剤を混ぜる。
                この配合剤を混ぜる割合はいろいろ試したな。
                今から思えば、これでいい塩梅だったんだろう。
                土だけだと、雨が降れば、特に大雨が降れば、土が流れてしまうことは容易に察しがつく。
                なので、いい感じに固形化してしまうわけ。
                でも、ちゃんと植生は保つ。
                そんな配合剤。
                ミキサーで適度に水を足しながらコネコネして、屋根まで土を運ぶのは結構重労働。
                で、今回助っ人のまさる君。
                そして、もう一人の助っ人、前回の屋根貼りに活躍した、池さんちのフォークリフト君。
                助かりました、ありがとう!
                一応、土壁イメージの竹小舞みたいなノリで、屋根に竹を敷いて、申し訳程度の土のズレ防止を図ってから、土を入れ始めた。
                さすがまさる君、左官屋さん!
                上手に仕上げてくれましたっ


                「草屋根」その3

                0
                  JUGEMテーマ:DIY
                  JUGEMテーマ:日々のくらし

                  そして、草屋根に、花坂爺さんのように、芝生の種を蒔いてみた。
                  すると、あくる年、なんと、芝生の芽がでてきたっ!!
                  これはちょっと感動したな。
                  そして、一面が芝生に覆われた季節があった。
                  綺麗だった。
                  綺麗な色の緑だった。
                  みとれてた。
                  だが、この美しい光景は、実は1年目だけだった・・・
                  黙って見ている雑草たちではなかった。
                  2年目以降、急速に芝生君たちは、息を細めていった。
                  その代わりに、雑草が・・・
                  やはり、それが自然なんだな。
                  数年経つと、この有様。
                  でも、意外とこの雑草君の感じもいい、ボクは嫌いではない。


                  「竹小舞」(たけこまい)を編む!

                  0
                    JUGEMテーマ:日々のくらし
                    JUGEMテーマ:DIY

                    さて次は、土壁を塗る準備。
                    この棟の壁も土壁にする。
                    なので小舞を編んでいこう、要領は前回と同じ。
                    今回は、ワークショップ形式にして、いろんな人にご参加いただいた。
                    小舞を編んで、編み終わったら、荒壁をみんなで塗って見ようって感じ!


                    「荒壁」を塗る!!

                    0
                      JUGEMテーマ:DIY
                      JUGEMテーマ:日々のくらし

                      小舞が編めたら、壁土塗りに突入。
                      写真のミキサーがあるととても便利。
                      っていうか、ないと無理かも・・・
                      ミキサーに、よく寝かした土をどばっと入れて、水を加えながらいい塩梅の練り具合を見る。
                      丁度みみたぶくらいの柔らかさって聞く。
                      そこに適量の砂を混ぜ込む。
                      さあ、荒壁を塗っていこう。
                      塗るというより、貼り付ける感じ。
                      みなさんには、ナイロン手袋を装着してやってもらいました。
                      って子供ら、もっとスマイルしろよ〜!


                      | 1/2PAGES | >>