型枠の設置です。

0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

    JUGEMテーマ:DIY

     

    さて続きまして、コンクリート用の型枠の準備に取り掛かります。

    コンクリートを固める大きな器を作っていくための材料です。

    って、買ってきたのは針葉樹合板。

    コンクリート型枠用には専用の型枠合板があるのはあるのですが、今回の型枠はこれにてご愛敬。

    汎用で普通に求めることが出来る3x6尺サイズの合板ですが、丸ノコで縦に真半分にカットします。

    で、このサイズでの型枠を作ることにしますっ

     

    骨になる角材には寸五角の紀州杉材を使用。

    コンクリートの重さって結構あるし、その外力に耐えることが出来ないといけないので、十分な応力を持たせるためにこれにて行っとけ~ってことで。

    型枠はまた次の機会があった時に再利用できるし、ちゃんとした構造のを作っておきましょか。

    でも作り方は至ってシンプル、全部長めのコーススレッドビス止めにて合板と一体化。

     

    必要枚数が出来ましたので、軽トラに積み込んで現場に搬入しましょっ

     

    先に打ったベースコンクリートの上に固定していきます。

    これがコンクリート用の大きな器、基礎の外枠になるんです。

    ここはキチッと狂いなく取り付けないといけませんよ。

    ちゃんと墨を出して、建物の寸法を捉えておかないとね。

    なるべく誤差のないように、そんな祈りも込めながら真っ直ぐ垂直に取り付けていきますっっ

     

    こんな感じでひとまず外周の型枠の完成です。

    このあと、いよいよベタ基礎部分のコンクリートを打つことになるわけですね。

    で、ベタ基礎が出来上がってから、そのあとに立ち上がりの布基礎部分に取り掛かる作戦です。

    今後のコンクリートの重さに耐え得るべく、型枠の外側には控えの板を固定して、コンクリートに対して突っ張る感じにしてます。

    どうなんでしょう、このあたりの工程に関しては、まず最初に布の部分(布基礎)から取り掛かり始めて、布基礎が出来てからベタ基礎に取り掛かるっていうやり方の方が一般的なのでしょうかね。

    でも一人で作業を行うには、工程的にこちらの方が断然やりやすいんですよね。

    どちらがどうなんでしょうね。

    なにはともあれ、いいものをつくるための努力を惜しまないってことですかねっ

    それに尽きる、よし、次、行きましょっ


    ベタ基礎の配筋です。

    0

      JUGEMテーマ:DIY

      JUGEMテーマ:日々のくらし

       

      先日、小雨がちょっとだけ降っては来ましたが、無事にベース部分のコンクリートを打つことが出来ました。

      すっかりそのコンクリートは乾きましたので、型枠は取り外しましたよ。

      まあまあな感じであります!

      でもまだまたこれからでもありますよね〜

       

      早速ベタの部分に取り掛かりますっっ

      さあ、引き続き砂利(バラス)を運び込むことにいたしましょう。

      ここが運び慣れた通路です、今まで幾度となく一輪車で往復しておりますっ

      土を取り除くときに一輪車で往復し、バラスを運ぶ時にも一輪車で往復。

      今回もバラスです。

      軽トラで砂利屋さんに買い付けに行ったバラスを一輪車に移し替えて、レイによってエッサエッサッの繰り返しが始まろうとしています。

       

      イケイケ~って感じであります。

      どんどん運び込んで参りましょ。

      はい、つぎつぎ~

      なにせ軽トラですので、軽トラ1車につきバラスの積載量は1トンにも満たないものなのです。(ま、そりゃそうですが・・・)

      ですので、砂利屋さんには5~6往復することになります。(だったっけ。)

       

      バラスの敷き詰め完了〜っ

       

      透湿シート(っていう名のポリエチレンシート)を全面に敷き詰めてから、鉄筋を配置していきましょ。

      この鉄筋はベタ基礎部分の配筋になりますね。

       

      300ミリ間隔でD10の鉄筋、配筋完了。

      要所要所は結束線で硬く縛って固定しながらの作業です。

      鉄筋の周りはコンクリートで固めますので、コンクリート製の小さなブロックで鉄筋を浮かすように、ところどころに配置してみました。

      それでは次の工程に移りましょう〜〜。


      ベースのコンクリート打ち作業。

      0

        JUGEMテーマ:日々のくらし

        JUGEMテーマ:DIY

         

        おはようございます!

        ってことで、今日はいよいよ生コン打ち。

        天気はちょっとどんより気味。

        っていうか、午前中にも小雨がぱらつく予報・・・。

        まあ小雨くらいは全然大丈夫でしょ、いっときましょ。

        事前に生コン屋さんにお勤めのsさんに相談したところ、

        「現場が一人なんだったら、ボクが一輪車で往復したげるよ。だからボクが届けるようにしたげる。」

        と言ってくださいました。

        いやあ、とてもありがたいです、ホント助かります。

        朝八時半、約束の時間ピッタリに届けてくださいました。

        さあ、今日はよろしくお願いしますっ!

         

        今回活躍する道具たち。

        コンクリートに振動を与えるバイブレータ。

        均し始めに使用する木鏝、仕上げには金鏝。

        っていう感じですね。

         

        生コン車から現場までの通路をしばらく一輪車でついてこなければなりません。

        sさん、ご面倒をおかけしますっ

        とはいっても、高々1.2立米。(だったかな・・・)

        sさん、サクッと終わらせましょ!!

        なんてったって、生コンには時間制限があるんですよね。

        今の気温ですと、2時間以内で配達完了しなければならないんですよねっっ

         

        sさんに運んでもらってボクが鏝で均して。

        そして合間にバイブレータっていう振動機を使って、コンクリートの空気を抜いて沈めていきます。

        さすがsさん、運び慣れてます、持ってくるのめちゃ早い。

        頑張って追いつきますよ~。

        今回の生コン、強度21、スランプ16!!(だったかな。)

        これは生コンの強度や柔らかさを表す注文の際の配合のことであります。

        この後の作業には写真を撮る暇など毛頭ございませんでしたっ

         

        生コンはちょっと余るくらいで計算して注文したつもりだったのですが、ちょっとだけ足らなかった・・・。

        そこはいい案配になるように全体を調整。

        なんとか形になりました。

        っていうか、打ち終わる寸前にパラパラと小雨が降り出しました。

        天気予報、ピッタリあたりましたね。

        sさん、ありがとうございました。

        なんでも、この後も配達で現場に走るみたいでした、大変そうでした・・・。

        こちらはというと、しばらくこのまま型枠をつけっぱなしで養生いたしましょ~

         


        ベースコンクリート打ちの準備。

        0

          JUGEMテーマ:DIY

          JUGEMテーマ:日々のくらし

           

          整地が終わりましたので、さあ次の段階、ベースコンクリートを打つための準備だ。

          いっぱいいっぱい砕石を運ぶぞ〜!!

          今回の作業では捨てコンは省略しまして、いきなりベースのコンクリートを打つんですが、その前に敷き詰める砕石を準備するところからのスタートです。

          っていうことで、軽トラで砂利屋さんに買いに行ってきましたですっ
          軽トラって確か積載量350キロ?ですよね。
          まあ、割と近くだし裏道からススス〜って感じなので、800キロくらい積んでもらっちゃってます!
          砂利屋さんのショベルは、通常10トンクラスのダンプを相手に作業をしてますから、とんでもない大きさなんですよ。
          なので、800キロの砕石なんて一握り、軽トラなんてアリンコみたいなもんです。
          確か以前に乗っていた軽トラでは無茶したこともあって、1トン超えたこともあったっけ。
          って、大きな声ではとても言えませんけどね・・・。
          だって350キロなんてね、ほんの少しですからね、でなくても、何往復もしますしね。
          っていうか、結構耐えられるんですね、軽トラ。
          レイによって、一輪車に積み替えて、ここからもエッサエッサ何十往復〜〜

           

          ぐるっと四方に深く掘り込んだ根切りの部分に、砕石を敷き詰めます。

          レベルで確認しながらなるべく水平にっ

          厚みは70ミリくらいだったかな。

          ちょうど砕石を敷き詰める作業を終えたところ。

           

          次にD10の鉄筋を用意。

          ここでも大活躍、鉄筋ベンダー(っていうグレー色した道具)。

          ベンドは曲げるっていう意味ですから、曲げる道具ですね。

          これは鉄筋カッターも付いてる優れもの。

          鉄筋を切って曲げて、砕石の上に設置していきます〜

           

          真ん中の主筋はD13。

          結束線を使いながら、クルクルっと鉄筋同士に巻いて縛っていく作業。

          非常に淡々としております。

          地味な作業が繰り返されております・・・。

          まあ、嫌いではないですが。

           

          コンクリートが打たれる部分の周りにはぐるっと型枠を配置。

          この型枠、真っ直ぐ目の杉の4メートル材、13ミリ厚を製材屋さんでわざわざこれ用に注文した割と立派なもの。

          ちょっともったいなかったかな・・・。

          でも短いのを継ぎ足していくよりかは作業効率はいいかな〜って。

          そして鉄筋は、立ち上がりの部分も製作して結束線にて縛っていきますっ

           

          こんな感じになって一応完了。

          コンクリートってとても重たいので、外側に向かって広がろうとする圧力って相当なんですよね。

          そんな力に対応する応力をなんとか確保したいので、土で突っ張ったり板を渡したり。

          セパは使用していませんので、そこのところの不安要素を解消してます〜

          明後日、生コン屋さんに来ていただいて、いよいよベースとなるコンクリート打ちの作業です。

          なんとかギリギリ間に合いましたっ


          整地できました!

          0

            JUGEMテーマ:DIY

            JUGEMテーマ:日々のくらし

             

            前回から随分と間が開いてしまいました。

            ありがたいことに、最近はとても忙しい日を過ごしておりまして、ブログを更新するのもままならい感じですっ

            すっかり春は訪れておりまして、発声練習しているウグイスの声も聴けるようになりましたよ。

            うちの桜ももうすぐ咲き始めるころかな〜。

            今日は雨。

            なんか最近天気がパッとしなくて、雨の予報に翻弄されているのも事実。

            おいおい、って感じで、今週もパッとしない天気が続きそう・・・。

            さて、軽トラに土砂を積んで降ろしてを何回繰り返したか、結構大変な作業が続きましたが、ようやく土を取り除く作業が終わって次の段階に入ったところ。

            レベルを確認しつつ平らに均してから、重機を前後に往復させて押し固めてる感じであります。

             

            さて、次は基礎の準備に入りますっ

            今回はベタ基礎ですが、まずはベースコンクリートを四方にグル〜っと打ちたいと思いますので、そこの部分(根入れっていいます)をさらに深めに掘り進めましょ。

            基礎が打ち終わった最後には土の埋め戻しの作業をする必要がありますので、ここで掘り出した土はその時用に隅っこの方に一時保管しときます〜

            っていうか、今日は重機の返却期限ですっ

            刻々とリミットが近づいているので、実は相当急いでるんですよ。

             

            とうとう重機のレンタルリミット〜

            しかも、運送屋さん、来るの早いし。

            数日前に搬入もして頂いた同じ運送屋さんに返却もお願いしてて、重機を積んでいっていただきます。

            来た時と同じ、10トンユニック。

            レイによって食堂の駐車場、やっぱ違和感があります。

            この時夕方4時過ぎ。

            もうちょっと、あと小一時間欲しかったな〜

            ギリギリまで頑張ってましたが、最後の詰めのところが間に合わず、あとは手作業で仕上げるしかありませんっ

            搬入の時は重機が吊られてくる姿に感動してましたが、この時は既に見慣れた感が出来てしまっているのか、普通にお見送りいたしましたですっ

             

            さあ、手作業の開始。

            ツルハシとジョレンでエッサエッサ。

            ここ掘れワンワン、てみ(っていう野良作業に使うタライみたいなの)に入れて一輪車に積みかえてよっこいしょ。

            ジョレンで根入れ部分を均したあとは、お手製のこのようなものでトントントン、突き固めていきました。

            10年以上前に製作したお手製の突き固め、今もまだまだ現役で使ってますが、今回久々の登場に大変喜んでおりますっ

             

            これにてようやく整地の完成であります〜

            いやいや、ここまでホント雨が全く降ってくれなくてよかったですっ

            おてんとさまには助けていただきました。

            すごいことだと思います。

            ひとたび雨が降ろうものならこのあたりの作業なんて、土がグチャグチャになって、ねと〜っと靴底にへばりついてきて、泥だらけでその辺汚しまくって、作業になったもんじゃなんですからね。

            ここまでしんどかったですが、大変順調っていうことでっっ

            次はいよいよ基礎の製作、生コン打ちの工程に入っていきますっ!!


            | 1/59PAGES | >>