五右衛門風呂、使ってみる。

0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

    JUGEMテーマ:DIY

     

    とうとう完成した現代版「五右衛門風呂」。

    完成してしばらくしてから、様子を見に伺ってみます。

    お邪魔します~って風呂の入り口。

    すっかりと生活感が出ている感じなんですが、綺麗に使っていただいてるようです。

    正面には洗濯機が座ってまして、その上にはバスタオルなんかも綺麗に収納していただいてますっ

    (ちゃんと撮影の許可はとってます~)

    スペースの関係でとても小さな建物にせざるを得なかったのですが、ここの入り口部分が脱衣室も兼ねてます。

    ごめんなさいっ、ご容赦ですっ

    洗濯機もギリギリで置けた感じ。

    なんとかこれで毎日を楽しく過ごしてくださいな~。

     

    こちらの住人「あっちゃん」。

    これから風呂を沸かしにかかるとのこと。

    焚口から薪を投入、そして火を付けてます。

    燃焼室は浴槽全体の面積がありますので、奥が深く結構広いんですね。

    1メートルとはいかないですが、それに近い長い薪まで入っちゃうくらい奥が広いんです。

    っていうことは、灰を掻き出すのも奥から持ってこないといけないので、長~い灰出しが必要ですね。

    火がつきました。

    正面からもっと煙が吹き出して来るのかなあと思ったのですが、意外にないようです。

    煙はすぐに煙突方向にスムーズに引いていってる模様。

    おお、こりゃすごい、ゴホゴホしないぞ。

     

    良く燃えてます。

    勢い良いです。

    炎君におかれましては、ストレスはない模様!?。

     

    煙突からはちゃんと煙が上がってました。

    ホントよかった、煙の引きはすこぶるいいようだ。

    余裕をもって太いサイズの煙突を設置してて、かなりの勢いで薪を投入しているにもかかわらず、150φの煙突からはそんな大したことがないような雰囲気。

    これでもって一安心二安心。

    で、30分くらい経ったところで浴槽を確認しに行って見ると、おお~っ、浴室が湯気で曇ってる~

    当たり前ですがちゃんとお湯になっているので感動。

    いい感じでお湯が沸いているではないですかぁ。

    あっちゃんちの場合、だいたい夕方くらいから焚き始めてそのまましばらく放置、風呂に入るのは晩御飯が終わってからって感じらしいです。

    いいですねえ、五右衛門風呂が生活の中に入ってきている感じ。

    ボクもまだ入ったことがないので、またよろしくお願いします~

    で、使い始めてから1か月・・・。

    今も順調みたいです・・・。

    ようやくコツもつかめてきたみたいで、薪の量は加減しないと入れないくらいに熱くなるらしい。

    最初のうちは勝手がわからず、水で冷まそうとしても追っつかなかったみたい。

    薪の火は消えても炎がないだけで、最後まで「熾火」(おきび)になって赤赤としてるので、なかなか冷めることもないようですね。

    なので、今の時期でも薪の量は一抱えくらいでいけてしまうそう。

    薪風呂としてはなかなかいい具合なんではないでしょかぁ~

    まだまだ試運転の域は抜けませんが、光熱費節約~、の目的でスタートしたこのお風呂、今現在、十分にその効果は発揮できている模様。

    ずっとずっと頑張ってね~


    外回りを仕上げて「五右衛門風呂」の完成。

    0

      JUGEMテーマ:DIY

      JUGEMテーマ:日々のくらし

       

      昨日一昨日と、ここらへんも梅雨を思わせるような雨模様で、気分もかなり滅入った感じでした。

      ようやく今日からお天気だ~っ!!て思ったら、週末また雨・・・。

      なんだかんだと段取りしたいことがあるのですが、都合よくいかんもんですね・・・。

      さて、五右衛門風呂の風呂棟の内外装・浴室は完成を遂げることができたので、残すところあと少しとなりました。

      いろいろと外回りを仕上げていきまして、いよいよ今回で五右衛門風呂は完成の予定です。

      では早速、まずはボイラーの設置と参りましょ。

      選んだのは長府製灯油ボイラー。

      ガスボイラーに比べて灯油ボイラーは、若干ボイラー本体の値段が張るのがネック。

      いつもガスと灯油、どちらの方が経済的なのかなって悩んで、未だ結論は出ずじまい。

      都市ガスが来ていれば迷わず都市ガスボイラーを選択するところだったりする場面なんですが、これは都市ガス地域に住んでいらっしゃる方には分からない悩みなんでしょうね。

      ここらの地域はプロパンガス。

      プロパンガスの料金って都市ガスのそれよりずっと高いものなんですっっ

      なので、躊躇するんです。

      で、最近のガソリンをはじめ、灯油価格の上昇。

      結局昨今では、プロパンガスと灯油、両方ともランニングコストがかかる感じで、どちらが経済的なんでしょうね。

      ってとこなんです。

      結局、選んだのは灯油ボイラー。

      位置決めしたら、配管作業に取り掛かりましょう。

       

      給湯・給水の配管作業、灯油タンクからの給油管の取り付けが無事完了。

      これで、薪で焚く浴槽のお湯だけでなく、シャワーなんかも使えるようになりましたよ。

       

      お次は、小さな屋根なんですがトユの設置も致しました。

      屋根の下は普通に地面なので、トユがなければ雨水の跳ね返りでそこら辺がビチョビチョになったり、少しずつ地面がえぐれていって、みすぼらしかったりしますから。

      ささやかな一安心。

       

      続いて、五右衛門風呂の焚口の金具の設置。

      中央のシルバー色の鉄製の金具がそれで、この扉を開けて薪を投入します。

      両サイドのオレンジ色の耐火煉瓦は点検口兼掃除口。

      ちょうどこの耐火煉瓦の高さで浴槽の周りを、煙道がグルっと一周回っている格好の構造になっていますので、レンガを抜き取ってワイヤーブラシなんかで煙道の掃除をすることになりますっ

      いつもつつがなく稼働するように、マメに掃除してくださいね。

       

      薪の焚口からのぞき込んだ燃焼室の様子。

      真っ暗なところにレンズを向けて、ストロボを焚いたらこんな様子でした。

      まだ試運転もしていませんので、耐火煉瓦がむき出しの綺麗な感じです。

      一番奥の斜めのスロープから煙道に繋がります。

      上部に見えている黒い物体はホーロー浴槽の底部分。

      ホーロー浴槽に直接火が当たるので、浴槽、そりゃ熱いわ~

      なので風呂に入るときは、ちゃんと浴槽に底板を敷いて、チンチンになってるホーロー部分には直接触れないようにします。

      (この底板は、浴槽購入時にちゃんと付いてきます)

      因みにこの底板は木製ではなくて、見た感じ樹脂製です。

      腐食がなくていいですね。

      密度の高いものが中に詰め込まれているようで、浴槽に沈むようになってますっ。

       

      最後に煙突部分を製作。

      グルっと煙道をすり抜けてきた煙は、最終的にここを通って外に排出していって頂きますっ。

      ブロックで躯体を組んで、煙突を上に乗っけるために六角形の開口を設けた「はんぺんレンガ」を、セメントでくっつけてみます。

      まあ、直接火があたるわけでもないので、こんな感じでいけるんじゃないかな~

      って希望的憶測。

       

      先程の「はんぺんレンガ」の上に、ステンレスの煙突を突き刺し、周りを普通モルタルで固定。

      ものすごく安易な発想の煙突部分。

      煙の引きがちゃんとできているのなら、これでもいけるんじゃないかなあ、ってまた希望的憶測。

      ちゃんと煙を引き込んでくれるのかなあと、これに関しては少々心配だったので、ここはケチってはいけないと思い、煙突は太めの150φを用意。

      煙突周りの材料は、スペースの関係もあり安易な発想も手伝って、耐火性能のあまりよろしくないブロック君で組んでみましたが、ちょっと心配なようならレンガ積みで組んでくださいねっ

      もちろん耐火セメントも併用してくださいっ

      ボクは超簡易的に作ってしまいましたっ・・・

      そんなチンチンには熱くならないだろうし、これでいけるやろっ的な・・・。

      見えているオレンジ色の耐火煉瓦はここも点検口兼掃除口で、スポッと抜き取れる格好になってますっ。

      やったっ、これですべての作業が完了、とうとう五右衛門風呂が完成。

      ちゃんと稼働するんだろかぁ~

      今更になってそんなこと思っちゃいます。

      ちゃんと煙は引いてくれるんかなあ、ここが一番心配なところ。

      このセメントが乾くのを待って、いち早く薪を投入して火をつけてみたいボクでありました。

      早く乾けっ


      浴室のタイル張り作業です。

      0

        JUGEMテーマ:日々のくらし

        JUGEMテーマ:DIY

         

        「五右衛門風呂を作ってみる」、今回はいよいよ浴室のタイル貼りに入ります。

        ボクの中では一大イベント。

        こぶしを握り締めて気合いを入れて望んでる感じ。

        勝負だ!

        いざ、いくぞ。

        なんか、まるで場違いな気持ちな感じですが、それくらいやる気を持って臨んでるってことで。

        用意したのはLIXILの内装タイル。

        見てるだけでも面白いLIXILのタイル総合カタログ。

        こんな柄もあったりするんや~、これ高そう〜、これはオシャレやな〜、って眺めてる。

        で、今回はあえて結構地味な感じのをチョイス。

        使用する接着剤もLIXILのもの、イナメントってやつ。

        それでは作業しやすいように準備を整えましょかっ。

        ここでタイルをカットして~、ここに接着剤を用意して~、タイルはまずここに並べといて~。

        なにせ狭い空間なので、浴室の中で上手に段取りよく行うために流れを考えますっ

        よし、これでいくかっ

         

        それでは壁タイルから貼って参りますかっ。

        レンガ鏝で接着剤をすくって壁にベチョッ。

        クシメ鏝で接着剤を壁面に均一に塗り広げていきますっ

        そしたら、少しの間オープンタイムを取りましょう、フ〜。

        接着剤を塗ったらすぐにタイルを貼るんではなくて、少しの間、接着剤が乾くのを待つんですね。

        それをオープンタイムっていうんです。

        頃合いを見計らって、端から順番に壁タイルを貼っていきましょ。

        タイルを手に取って、ここらへんか、ウニュッ(貼り込んでる)。

        上下、左右、案配確認。

        鏝の頭でコンコンコン。

        その繰り返しかな。

         

        腰から上はヒノキの板張りが既に仕上がってますので、腰から下、正味ブロックが積まれている部分だけをタイル貼りしていますっ。

        これで2面の壁面を貼り終えました。

         

        壁タイルを全部貼り終えたところ。

        これでようやく前半戦が終わった。

        それでは次に後半戦、洗い場の床タイルを貼る作業に移っていきますっ。

        こちらも段取りよくいかないとですっ。

        一旦ここの場所の道具や材料なんかを撤収、片づけて綺麗にしてから、どのように作業を進めるか流れを考えます。

         

        床タイルも貼り終えました。

        床にはモザイクタイルを選んでみました。

        端っこの調整は、サンダーを使ってタイルをカット。

        色見は壁タイルと揃えてグレー系で統一。

        ちょっとシックな感じを目指してみました〜。(うん、いけてる、自画自賛)

        タイル貼り、これにて終了、よしっ。

        まあ、案の定、よ〜く近寄ってみると、ところどころタイルが波打ってます・・・、ご愛敬〜。

        やっぱ下地は大切だよ、うん、今更ですが・・・。

         

        日を改めて目地入れ作業。

        こちらもグレー系の目地セメントを用意しましたよ。

        目地コテなんかを使って塗り広げながら、目地にセメントを流し込んでいってください〜。

        なるべく綺麗に拭き取っておいてね。

         

        目地作業が終わったら次に「洗い」の作業。

        酸を使ってタイルにこびりついたセメントやタイル表面にうっすらと残っているセメントを落とします。

        セメントはアルカリ性なので、それに対抗する酸を用いることで中和させてその結果、タイルが綺麗になっていくんですね。

        身近に手に入る酸は、なんてったって「サンポール」。

        サンポールを適当に撒いたら(ちょっと水で薄めてみました)ブラシやたわしでゴシゴシゴシ。

        あとはホースでジャ~~。

        って感じで「洗い」終了。

        やったっ、一応これにて、一連のタイル貼り作業は無事終わりを迎えることが出来ましたっ。

         

        後日、シャワー付きカランも無事設置されて、浴室がいよいよ完成を迎えます。

        長かったなぁ、ここまでくるの。

        やれやれっていうのが正直な感想。

        当初から目指していたのは、ぱっと見、言われないとわからないくらい、違和感のない普通の風呂仕上がりの五右衛門風呂。

        いわゆる五右衛門風呂っていう五右衛門風呂ではなくて、あくまで現代版五右衛門風呂。

        ちゃんと真下から直火で風呂を沸かすことが出来るんです。

        まあなんとか、それらしくなったかなぁと思ってますっ

        因みに浴槽はタカラスタンダード製、現行品の直火炊き専用のホーロー浴槽。

        これが現代版の正体なのでした・・・。

        でもまだこれで完成ではありません。

        仕上げの外回りの作業を残してますからね。

        まあでも、ここまで来たらあとは流す感じ、ゆったりとした気分で余裕をもって取り掛かることが出来そう~


        五右衛門風呂、浴室の工事に入ります。

        0

          JUGEMテーマ:DIY

          JUGEMテーマ:日々のくらし

           

          五右衛門風呂を作ろう、前回までで外装全般の仕上げから始まって、内装のヒノキの板張りの作業までも終わり、残すところ大きな作業は浴室のみとなってきましたよ。

          今回はいよいよその浴室に望んでいきますっ。

          今までいいお天気続きでここまで来れて、ホントありがたかったなぁ、ついてるついてる~~

          季節の変わり目、お天気さんも気まぐれな感じなんでしょうけどね。

          でもまだここ、ホウロウの浴槽が、燃焼室である「築炉ユニット」の上に乗っかってるままの状態です。

          既に浴室の排水管や給水・給湯の配管は施工済みですので、ここ浴室に土をどんどん入れて、床を盛っていくところからのスタートですね。

          ではここから始めましょう。

          一輪車で土を運んできて、ジョレンで「てみ」(っていう両手で運ぶ広い大きな器)に土をかき入れ、風呂棟の入り口またいでよっこいしょ。

          そこで土をジャァ~って流し込む。

          これを何回も往復。

          まあ狭いところだししれてるんだけど、一人だと結構時間がかかる・・・。

          そこもラッキー、となりに住人の「あっちゃん」が立っているではありませんかっ

           

          いい案配で土が入ったら、トントン踏んだり、「突き固め」を使ってドンドンってやりながらて土を固めときますよ。

          これで浴室に行きやすくなりました、今までは段差だらけで行き来するのに苦労してましたから。

          これにてスムースに次の工程に行けますな~。

          浴槽の手前部分、適当にレンガなんかを積んでみましょかぁ~。

           

          先程のレンガ部分にはモルタルを塗っておきましょかぁ。

          大事を取って、モルタルを塗る前のレンガにはハイフレックスを塗って乾かしておきました。

          モルタルにも若干のハイフレックスを混ぜ込んでみてますっっ

          ハイフレックス・・・用途が広く、非常に便利極まりないセメント系の混和材、ですっ!

          このモルタル面がタイルの下地になる予定なんですね。

          ってそうですね、ようやく今回浴室作業に取りかかり始めたんですが、要はタイル貼りの下準備をしてるって感じですね。

          で、床部分にはバラスを敷いて、コンクリートを流し込む準備をします。

          ってそのコンクリートもまた、タイルを貼るための準備。

          だったりしますもんね。

          ここまできたら、だいぶ浴室らしくなってきました~。

           

          床部分にコンクリートを流し込んでいきます。

          レンガ鏝やモルタル鏝で、水が流れるように排水口に向かって勾配を付けながら「トォ~ッ」

          使う擬音語がちょっと間違ってるっ。

           

          床のコンクリート作業を終えて、ようやくタイル貼りの下準備が完了~

          次はいよいよタイルを貼っていきましょ。

          因みに壁のブロックですが、モルタルで綺麗な平面の下地を作ってあげた方がいいのでしょうが、ブロックには直接タイルを貼ってやることにしますっ

          所詮ボクが積んだブロックなので、少々凸凹してるんですがっ・・・。

          大きさの小さいモザイクタイルのようなタイルなら、下地が少々凸凹しててもそこそこすんなり仕上がりそうですが、今回使うタイルは200ミリ角を予定してますから、どの程度の悪さをしてくるんだろかっ

          む~っ、いいやっ、かかってこいっ

          ん~、お手柔らかに!!

           


          五右衛門風呂、内装なんかを仕上げていきましょ。

          0

            JUGEMテーマ:DIY

            JUGEMテーマ:日々のくらし

             

            五右衛門風呂を作る~、第何回目になるんでしょうか。

            前回で棟上げが無事完了し、外回り、外壁たちから仕上げにかかりました。

            と同時に、今回はまず屋根にルーフィングを敷いたのち、屋根材をのっけにかかりましょう。

            内装って言いながらまずは屋根からですっ、雨対策がまず先決ですからね。

            安易ですが屋根材はガルバリウムの波板で。

            安価で長持ち、施工もラクチン、なんて素敵な素材なんでしょう。

            見た目イマイチですが。

            ルーフィングの上に胴縁をビスもみして、胴縁に打ち付けるように傘釘で波板を固定していきます。

            風呂棟の両となりは別の建物が接近しているため(っていうか無理矢理風呂棟を隙間にはめ込んだので)、寸分の余裕もないくらいに密接しちゃってるんです・・・。

            窮屈そう、どいてくれ~って感じ・・・

             

            狭い狭い脱衣室スペース。

            一番奥には辛うじて洗濯機をちゃんと置くことが出来るようになってます。

            洗濯機用の水栓をシールテープでキュッキュッ。

            内装壁材は、龍神産ヒノキの相じゃくり材をステンレスのスクリュー釘でトントントン。

             

            浴室の入り口の扉も付きました。

            LIXIL製の一番安いものです・・・。

            見えている基礎部分のブロックがイマイチなので、機会があればまた後日、漆喰などの素材で塗り壁仕上げにしてみましょうかね。

             

            浴室内の壁。

            ここも龍神産のヒノキ。

            こちらは本実で目透かしのある材料で(意味が分からなければすみません)。

            ってなんとこの風呂棟、総ヒノキじゃありませんかっ。

            なんて贅沢ですね。

            まだまだ風呂としては未完成ですが、切りたてヒノキのいい匂いが立ち込めてますよっ

            こちらも物理的な関係で狭いんですが、なんとも広く見えちゃいますね。

             

            インフラ、最後は電気周りを仕上げておきましょう。

            あらかじめ、壁内に納まるように壁材を打つ前に電気配線を仕組んでおきました。

            適当な場所に壁板に開口を設けてから、仕組んだ電気配線を取り出してスイッチプレートなんかで仕上げます。

            開口にはルーターを使うと超便利、壁もそこそこの厚みがありますから機械を使うのが早いですっ。

            ちゃんと風呂の電気がつきましたよ~。

             


            | 1/52PAGES | >>