格子風の目隠し壁を製作してみます。

0

    JUGEMテーマ:DIY

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

    その昔、郵便局として活躍してたんですが、すっかり老朽化して別のところに新築されて、置き去りになってしまった建物。

    明治か大正くらいの建物だったんでしょうか、古いんだけど新しい感じ、「洋」を取り入れた今風のカフェになんて変貌しそうな雰囲気。

    外観もそうだし、聞く話では内装もオシャレだったそうです。

    でも、そんな建物だったんですが、老朽化には勝てず、大きめの建物だし維持し続けるのが難しいとのことで、いよいよ取り壊されることになっちゃいました。

    で、今回は取り壊された建物の真横にあるおうち。

    今までは建物のお陰で人目からは隠れていたんですが、なくなっちゃったお陰で入り口の横部分が顕わになってしまいました。

    真ん前は細いんですが生活道だし、クルマも結構頻繁に行き交う場所なので、なにせ人目につくようになってしまったのです。

    辛うじて、取り壊しの時、業者さんが目隠しのためにブルーシートなんかを貼ってくれてます。

    ちゃんと目隠しの機能をしてくれてはいるものの、決して見栄えが良いとは言えない状態ですね。

    ですので、このブルーシートに変わるちゃんとしてる壁を設置していきましょう。

    では作業に入りましょう。

    まず現場に赴いて基礎を据えるところから。

    こちらが壁を作る現場です。

    壁が来るところには新しく柱を納めたいと思いますので、アンカー付きのコンクリート束石を2つ用意して、モルタルにて固定。

    接着力を増すために、ハイフレックスを併用してますっ

     

    製材所に注文していた材料が到着しました。

    全部紀州の杉材ですっ

    最近はすっかり四面プレーナーを掛けてもらってからの納品がスタンダードになってしまいましたっ

     

    長さを決めて切断。

    材料が整ったら塗装に入りますっ

    雨に当たる場所になるので、今回も使う塗料は「キシラデコール」。

    これもすっかりスタンダードになってしまってますっ

    色もいつもこれ、「パリサンダ」っていう変な色名ですが、いい感じのこげ茶色。

    ローラー刷毛でいってみよう。

    この塗料の匂いがやっぱダメで、すぐに気分が・・・

    いやいや、やるぞ。

     

    一度塗って乾かして、もう一度この塗料で二度塗り。

    いい感じの茶色。

    だいたいキシラデコールの外装にはこの色を使ってきたんですが、実は最近、まだ使ったことのない「エボニー」って色が気になってて・・・。

     

    さあ、いよいよ今日は現場に搬入~

     

    ブルーシートを外したらこんな感じの現場。

    正面は道路側。

    ね、玄関が丸見えの道路に面した場所。

    でもここだけスッポリと開口なんですね、なんか理由があったんでしょうが聞いていません~

    不思議な開口~

     

    では今日の作業に取り掛かりましょ。

    まずは柱を建てるところから。

    先日施工した束石に、3寸5分角の柱を建てていきます。

    ちょうど母屋のある場所に柱が来るように配置していましたので、強度もOK(でしょう)。

     

    次に、柱に対して直角になるように、幾本かの7分板を横に渡してビスで固定。

    その7分板に寸五角の材料を沿わして、これまたビスで固定。

    で、次々に寸五角の材料を、等間隔に縦に打ち付けていく作業。

    いけいけ~

     

    こんな案配になりました。

    うん、まあまあの想像通りの感じ。

    格子をイメージした和の感じです、料亭によくあるやつ、でしょか。

     

    次は異例の仕上げ作業。

    仕上げ材としては普通に波板を貼ります。

    防風・防雨対策として、ポリカーボネートの透明の波板を仕上げに貼ることは決まっているのですが、通常、外側から貼って仕上げますよね。

    雨風は外からで、それを凌ぐための波板ですし。

    でも、今回は敢えて内側から波板を貼っていきます。

    そうすることで、外からは木の格子が直接見えてくる格好なんですね。

    外からの見栄え重視ということですね、是非そうして欲しいとの施主さんのご希望。

    玄関まわりの良く見える部分だし。

    なるほど、それ、いいかも。

    っていうことでしたので、キシラデコールの2度塗りを施していたのですねっ

     

    おうちの裏に通じる通路のそばに、扉なんかを付けて欲しいと施主さん。

    違和感がないように、全く同じ造りの扉を製作してみましょ。

    使用したのは格子に使った寸五角の材料。

    この材料のみで扉を作ってみますね。

    同じ塗料を施して、同じく格子状にして。

     

    扉を付けたら完成。

    こんな感じに仕上がりました。

    外から見る限りは和モダンな格子っていう仕上がりで、施主さんにも確認してもらって喜んで頂けました。

    実は内側には波板が貼ってあるんですよね、ちゃんと防風対策が施されてるんですよね~

    気に入って頂けたのでよかったっす。


    養鶏場、電気の引き込み工事をしたの巻。

    0

      JUGEMテーマ:日々のくらし

      JUGEMテーマ:DIY

       

      先日、またもや台風がこの辺りを通過していきました。

      24号に引き続いて25号、まさかのドンピシャコースでまともに真上を通過。

      もうホントにヒヤヒヤでした、24号のときにこの界隈は結構被害が出てましたから。

      まあ、こんなにも立て続けに来られるとはね。

      急激な温暖化、海水温もどんどん上がって、もっと今より台風が発生しやすくなったりしてたら来年以降どうなってしまうんでしょう。

      幸い、25号の時は24号のそれほどは被害が少なくて、不幸中の幸いでした。

      もうしばらくはコリゴリです。

      で、気を取り直して。

      さてさて、こちらは市内の山奥にあるとある空き地(更地)。

      以前には建物が立っていた形跡が残っていて、辛うじて今は、差し込みコンセントが一つだけ残った引き込み電柱が立っている状態の更地。

      建物はとっくに壊されたみたいで、べた基礎の名残りでしょう、コンクリートのスラブだけが残っています。

      この度、なんとこの山奥の更地に新しく養鶏場が建設されることになりました。

      建設って言っても、こちらのご夫婦自らで作る気です、いいねいいね!!

      関西出身のガッツとやる気のあるご夫婦で、Iターンでこちらに引っ越され、見事、ここの土地をゲットされたんですね。

      土地は土地から呼ばれないと手に入りませんからね、呼ばれてきたんですね。

      夢も膨らんでますっ、なかなかの広い土地ですから。

      養鶏場だけにとどまらず、養豚に始まり、いつかは牛まで飼いたいよねなんてこともおっしゃってます。

      わあ、夢がある~

      っていうことは、将来的に電気はたくさん使いそうですよね。

      今なんて、コンセント一つだけの状態ですからね、しかも引き込み線のなんと細いこと。

      ということで、今回は今ある電気設備は全て撤去しまして、大きな容量に対応できる電線の引き込み工事をしてみましょう。

      電気の契約内容変更ということですね。

      で、こちらが今ついてる電気の設備。

       

      さあ、それでは早速作業に入ってみます。

      今ついているメーターやボックスなんかはいずれ使いませんので、ステンレスバンドなんかをブチっとひきちぎって、ひとまず取り外してみます。

      でもまだしばらくは要りますので、作業の終わりには復活させてあげますね。

       

      引き込み柱になる既設のポールは使いまわしですっ。

      まずは古い機器を取り外した状態のポールに、新しいメーターボックスを取り付けます。

      上下に2つ。

      それぞれ、単相三線用のメーターと三相三線(動力)用のボックスですっ。

      この度の養鶏場では動力も使います、餌用の撹拌機と、餌用の粉砕機の2機が座る予定。

       

      ステンレス製のポールバンドでポールにギュッと縛り付けますね。

      ついでに電線の入るVE管も一緒にギュッ。

       

      ポールの一番下側には新しくボックスを、先程と同じくポールバンドで固定します。

      ギュッ!

      ここに配線器具が納まるわけですね。

       

      次にボックス内の配線作業。

      まずは、単三(単相三線)のメインブレーカー、100アンペア。

      引き込み線はVVRの38Φx3線。

      将来的に余裕をもってみてのこの配線。

      なかなか太い線だったので、予想以上に取り回しに場所をとってしまい、ボックスの大部分を占領してしまいましたっ

      あちゃ~、想定外。

       

      その右隣には動力用のメインブレーカーを配置。

      容量は60アンペア。

      こちらの引き込み線はVVRの14φx3線。

      ちょうど中央には仮設用の100Vのコンセントを一つだけ配置しまして、ボックス内の作業は終わりです~。

       

      さあ、関西電力に申し込みをしてから数日後、無事に電気の引継ぎが行われ、新しいボックスで電気が使えるようになりました。

      今回はこれでひとまず完了ですが、またこのポールから母屋に電気を引っ張る工事が残っています。

      っていうか、今現在、その母屋を建設中だったりするんですね。

      頑張れ、手作り母屋!!

      ご夫婦、DIYでやってやろうっていうのですが、図面から丁寧にこしらえて数字も出して、必要な材料を割り出していきます。

      極力リーズナブルな材料で、かつ耐久力のある構造、力合わせて今日も考えてますっ。

      たいしたもんですね。

      もちろんこちらのご夫婦、建物を建てるのなんて初めての経験ですが、なんとかかんとか、時には失敗もしながら日々経験値を積んでおられますよ。

      そんな状況ですので、この度は新しい電気はポールに引き込んでの完了となります。

      さあ、事務所を兼ねた母屋、完成したら連絡くださいね~

      早く引き込みましょ!!


      外壁修理をしました、その二。

      0

        JUGEMテーマ:日々のくらし

        JUGEMテーマ:DIY

         

        またまた大きな台風が日本に接近してますっ

        台風24号、前回の21号と同様大変大きなものらしく、前回と同様この辺りをドンピシャで通過する予報が出てたりします。

        もうホント、勘弁してほしいです。

        そんなとこからいきなりグッと曲がってこっちに来るか〜って叫びたくなるコース。

        どうやら明日の夕方にここらへんの真上を通る格好になるみたいなので、今日は出来る限りの備えをしないとです。

        前回の台風でもかなりの被害が出ているのに、二次災害も予想されますし、テレビなんかでも言ってますが厳重な警戒が必要です。

        さて、その前回の台風の被害ですが、こんなところにもありました。

        駅前にあるかなり古めの建物になりますが、外壁は木地で金属壁仕上がり。

        台風による強風で、長さ10尺ある金属壁板が3枚、吹きっ飛んでいます。

        2枚は完全に飛ばされてて、1枚はグニャーっと曲がって電線に引っかかっている状態。

         

        こちらの壁面の真下には、駐輪場と有料駐車場があるのですが、落下した金属壁が当たったのでしょう、駐輪場屋根のポリカ材が1枚、割れてしまっています。

         

        それでは修理を施していきます。

        といっても、新しい壁材を貼るだけです。

        なるべく早く仕上げてほしいとの施主さんの要望で、下見したその日に材料を手配し、早速作業にかかっていきます。

        こちらの外壁の金属壁材は、リブピッチが短めのヨドプリントを使用しているみたい。

        奇しくもいつもの金物屋さんに在庫があったので幸いだったんですが、色は選択が出来ませんでした。

        この色しか置いてないとのことですが、しょうがないのでこれで施主さんにも了解いただき、これを3枚揃えます。

        で、梯子をかけ、古い壁材や釘などを撤去し、新しいのをステンレスのスクリュー釘で打ち付けます。

         

        出来上がってみると、あまりまわりと違和感がない色合いだったので良かったです。

        もともとの外壁もかなり色落ちが進んでいて元の色を留めてはいてくれないので、近似色としてはこの色で正解かもです。

         

        さて、割れてしまっていた駐輪場のポリカ屋根。

        こちらは弁償しなくてはなりません。

        該当するところの屋根材を、屋根の上部にある留めビスを外してから撤去します。

         

        後日、注文していた新しい屋根材のポリカ平板が到着。

        サイズ指定の切り売りの注文なんですが、そんなに安価ではございません。

        透明かブロンズしか選択できる色はなかったのですが、施主さんの意向でブロンズにしました。

        もともとの駐輪場の屋根にはどうやら濃いグレーのものが使われていたみたいですが、これも経年劣化でほとんど透明になっちゃってるんですね。

        それを踏まえて敢えて色付き。

         

        無事に屋根材が納まります。

        おおっ、そこだけ違う。

        アクセントっていったら聞こえがいいですが、でも違う。

        こちらの駐輪場の管理会社さん、幸いにもそんなに厳しい言い方はされませんで、新しいのを入れてくれさえすれば、色等のこだわりや細かいことはおっしゃいませんでした。

        これで了承してくださいました、良かったですっ。


        外壁の修理をしました。

        0

          JUGEMテーマ:DIY

          JUGEMテーマ:日々のくらし

           

          先日の台風21号の被害は、ボクの住むエリアのあちこちにも見られます。

          避難生活を余儀なくされているなどの深刻な状況ではないですし、ボクの住んでるおうちもなんともなかったのですが、まだまだ業界の人たちはてんてこまいとのことです。

          この台風は真昼間にこの辺りを通過したので、その日は一日ずっと家の中にいてテレビなんかの情報を見ながら、何事もなく大事に至らないことを祈りつつ、じっと待機して台風が通過するのを待ってる感じだったんです。

          「ふう~、やれやれ。

          特に騒がれてたほど大きな台風ではなくてよかったよかった」

          などと、その時は思っていました。

          幸いうちはそんな状態で守られてたんですが、あくる日、この市内のあちこちでも全国のテレビの中継でも大変なことになってました。

          それを目で見るまでは知る由もなかったことでした。

          そんなに大きく深刻な台風だったとは・・・。

          ってなりました。

          うちが守られていたことがホントに幸いで感謝と安堵をする一方、皮肉にも被害にあわれた方々におかれましては、一日も早く日常に戻っていただくことを祈る次第です。

          うちのエリアでも、すぐ近所で屋根が飛んだり壁が飛んだり、電柱が折れたり山が崩れたり、多くの爪痕を残していきました。

          微力ですけれどもその修繕にいそしませていただきました。

          こちらのおうちでは壁がゴッソリと風に持っていかれて崩れ落ちています。

          おうちを利用してお店をしていることもあり、早々の修繕が望まれました。

          かなり古い鉄骨が顕わになっていてその錆の進行も激しく、下地である木は完全に腐っており、厚みがあって重量のあるモルタル壁は耐えられずに落ちてしまいました。

          借家ということもあり、なるべく簡単で安価な方法で修理を施すことになりました。

           

          新たに下地を作ります。

          ホントは鉄骨からやり変える必要アリなんでしょうが、それは大ごと過ぎますので、今回はその既存の鉄骨の上からドリルビスを用いて木地を固定します。

           

          ガルバリウム鋼板の角波板を貼りまわして仕上げます。

          鋼板壁が重量が軽く耐久性があり、施工も比較的簡単ですので、この材料に決定しました。

          周りがモルタル壁ということがあり、ガルバリウムの素地そのものの色で了承いただきました。

           

          こちらは市内の飲み屋街の一角。

          頭上6メートル近い場所の外壁。

          この外壁の下は普通にお客さんも通り、この辺りに住む方の生活道としても利用している道路があります。

          先程と同じような造りのモルタル壁ですが、今回の台風で脆くも崩れ落ちています。

          途中まで剥がれかかってて、今にも落ちてきそうな箇所もあり、かなり危険な状態です。

          こちらも早々になんとかしないとです。

           

          四角い形になるようにサンダーを使って四隅のモルタル壁を削り落としてから、境目に水切りの鋼板をステンレス製のスクリュー釘で固定し、シリコンで防水処理を施します。

           

          こちらもガルバリウム鋼板の角波板を貼りまわして仕上げてみます。

          今回は被害にあった個所だけの補修をさせて頂きましたが、実はこちらのモルタル壁も相当劣化が進んでおり、見ただけでも壁が下地から浮いている箇所が見受けられます。

          ポロポロと壁表面が少しずつ削れ落ちてきている様も確認できます。

          となりの居酒屋のご主人、「道路に白い砂が降って積もってくるんや」と、おっしゃっています。

          ホントは壁全体をやり変えた方がいい状態ではあるのですが、なかなか厳しい現実の状況も頷けます・・・。

           

          こちらは駐車場に面しているおうちの離れである倉庫。

          南からの強風をモロに受けて、外壁がすべて飛んでしまいました。

          手前はクルマが10台以上入る月極の駐車場になってるんです。

          幸い、飛んだ外壁の周りのクルマへの被害はなかったようで、不幸中の幸いです。

          飛ばされたのは、10尺という、そこそこの大きさのある金属外壁なんです。

           

          以前の外壁と同じく、金属外壁で仕上げます。

          使用したのは、定番、ヨドプリント。

          下側が以前からある外壁ですが、紫外線により色がかなり落ちてしまっていることもあり、完全にツートンカラーになってしまいました。

          よろしくお願いします。

          っていうか、いやあ、この日は暑かった。

          なんとなく秋らしい気配が漂う今日この頃、朝晩はめっきり涼しくなりましたが、日中はまだ日差しが暑くて汗びっしょりですっっ


          分電盤を増設!?しましたっ

          0

            JUGEMテーマ:日々のくらし

            JUGEMテーマ:DIY

             

            朝晩がうんと冷え込んできて、めっきり秋らしくなったなぁ~と感じていた今日この頃。

            って言ったそばから、また今日はどうしたんですか、夜もジトジト暑いし昼間もヌメ~とジメジメしてた。

            っていうか、また明日から暑さがぶり返すとか何とか。

            そうかぁ、言ってもまだ9月だし、まだまだそう簡単に暑さからは解放してくれないんですね。

            まだまだ蚊取り線香も2リットルのペットボトル氷も手放せない模様ですっ

            さて、今年の初夏のはなしですが、とある市内のおうちにおきまして、分電盤の増設をしました。

            なんのことでしょう。

            実はこのおうち、今までは、このエアコンとこっちのエアコンをつけたら両方の電源が落ちるという現象や、コピー機の電源を付けたままでこのエアコンをつけたら両方の電源が落ちるといったことだとか、エアコンがらみでの電気を使うことに難儀されてる案件ってご様子でした。

            特に今年なんかにおいては、初夏の早い時期からエアコンをつけていないと日常生活もままならないくらいの暑さでしたので、この問題はかなり深刻なものになりますね。

            だいたい煩わしいです。

            って、大きなコピー機が置いてあるおうちってすごいです、事務所だったりするんですが。

            で、このおうちにエアコンは全部で4台設置されています。

            が、3つのエアコンの電源をたどってみると、アレびっくり、部屋の系統と同系統の電源です。

            そりゃ、同時にいくつかの大きな電気機器を使っちゃうと、過負荷により電源は落ちちゃいます。

            エアコンは通常単独で1回路の電源を取るのが当然と思っているボクは、「その昔、ここのおうちでは、こんな配線をされたんだ~っ」て不思議に思っちゃいました。

            エアコン2台同時に使っちゃうと、同じ線から来てますからそりゃ落ちちゃいますよ。

            エアコンが落ちるっていうことは、部屋の電気も落ちるっていうことだったりするんですが、あまり考えられませんね・・・。

            まあでもそうなんですから、なんとかしないとです。

            なんとかっていってももちろん、エアコン1台につき1回路の分岐回路を割り当てるってことなんですが。

            エアコンは4台あるので、全部で4回路欲しいっていうことですっ

            ただ、今の分電盤では、全ての分岐回路が使用中で、新たに4回路もまかなえそうにありませんっ

             

            なので、苦肉の策、分電盤の増設!?

            っていう方式でいきますっっ

            ってことで、作業に入りますね。

            ひとまず、それぞれのエアコンから単独で分電盤まで線を引っ張ってくる必要がありますので、天井裏を拝借。

            ここから登ってみましょう。

             

            かなりの旧家。

            平屋なんですが大きな棟でして、なんと立派な小屋組みでありますっ

            天井を踏んじゃうと落とし穴、下の人に「こんにちわ」してしまいますので、梁や端っこの方を埃にまみれながら配線して参ります。

            時期は初夏ですがとうに暑いです、天井裏におかれましてはまさにサウナですね。

            シャツは余裕で汗でベチャベチャです。

             

            天井材に開口を設け、無事にそれぞれのエアコンから4本の線を引っ張ってきました。

             

            そこに、新しく主幹ブレーカー40アンペアの分電盤を増設してみました。

            目的は分岐回路を増やすためですっ

            分電盤を固定するには下地が必要になってきますので、6分厚ほどの杉材をベースに見立てて、ビスで固定してみます。

            これで4回路以上の分岐回路を確保できます。

             

            新しい分電盤に配線を施して、分電盤作業は終了。

             

            このあと、それぞれのエアコンに専用の差し込みコンセントを設ける作業すれば完成です。

            これで、こっちを入れたらこっちも落ちたっていう、今までの煩わしい問題は解消されますね。

            最近こちらのおうちの方と連絡を取る機会があったのですが、すっかり涼しい夏を過ごせてましたっていって頂いたのでよかったです。

            そういえば今までは、エアコンの隣に張り紙なんかもしてありましたっけ。

            「エアコンつけるときはコピー機は切る」みたいな。

            ホント、煩わしかったでしょうね、お察しします。

            ただなんですが、電気を一度に使いすぎると、一番もとの主幹ブレーカーがとんじゃって部屋中が消えちゃいますので、その辺りは注意しておいてくださいね~。

            おわり!!

             


            | 1/56PAGES | >>