小さな床の増築ですっ

0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

    JUGEMテーマ:DIY

     

    市内のとある場所、建物と建物の間に設けられている、渡り廊下も兼ねている床がありました。

    写真は雑多な感じで少々醜くて申し訳ないのですが、この床は厚みが1寸5分くらいもある立派なものでして、正面の柵も含めて総ヒノキで造られています。

    何十年か前の増築部分に当たるらしいのですが、ここも含めて当時の宮大工さんたちがされたということです。

    ほんとに正確なお仕事をされているなあと思います。

    この建物では行事とかが頻繁に催されるようなのですが、物を置くスペースに限りがあるということで悩まれているようでした。

    で、この床部分、床面積を大きくして少しでもスペースを確保したいという家主さんのご要望で、床を少し増築することになりました。

    柵から手前方向に1メートル20センチくらいになりますでしょうか、床を広げたいと思います。

    同時に床下部分の収納も増えますので、それも狙いだったりしてますっ。

     

    それでは作業に取り掛かることにします。

    まずは柵を取り外しましょう。

    一応渡り廊下を兼ねてますので危ないですから、柵を外した後はコーンを立てて注意を促しとかないとですね。

    ってここのところは、大きな行事とかはなさそうですのであまり人の出入りとかはなさそうですっ

    取り外した柵は、また後ほど再利用してあげましょうね。

     

    手前側に柱を2本立て、その間に先ほどの柵を納めこみました。

    これでまずは手前部分の完成です。

    間の部分が今回増築する床になるわけですね。

    柱はそれぞれの建物にビスやコーチボルト、アンカーボルトなんかを併用して固定してますっ

     

    続いて床の造作に入ります。

    3寸角の紀州ヒノキ材を用いて、大引きや根太を加工していきました。

    ただ、今回用いたヒノキはKD材(人工乾燥材)で、国は推奨しているらしいのでしょうが、あんまり質のいいものではなさそうですね・・・。

    次回からは考え物です・・・。

    なんかブヨブヨしている印象なんです、ボソボソっていうか。

    水に弱そうな感じ、ってあまりよくわからないですね。

    乾燥したヒノキってもっと固くて、カンカンって音が響く感じなんですよね。

     

    大引きと根太が納まりました。

    ご覧の写真はちょうど床板を張る前です。

     

    1寸厚の床板を張りました。

    今回用いた材料も総ヒノキになります。

    床板ももちろん紀州材で、無節のとても状態の良いものでした。

     

    内側から見るとこんな感じ。

    家主さんのご要望で、床下に通じる開口を設けました。

    行事の際、床下に収納された物品を出し入れするのに、これが是非とも必要ということでした。

    こんな案配でお気に召していただけますでしょうか。

     

    仕上げにこちら側にも間仕切りを入れて完成です。

    これも無節ヒノキでして、四面プレーナを掛けたのち、面取りカンナで面取りしてます。

    普段はここには立ち入らないようにするとのことで、行事の時だけ活躍してもらう場所として利用されるようです。

    完成後、家主さんに確認していただき、無事OKをいただきましたっ!!

    めでたしめでたしです。


    「みずや」の製作をさせていただきました。

    0

      JUGEMテーマ:日々のくらし

      JUGEMテーマ:DIY

       

      皆さん、「みずや」ってご存知ですか。

      ボクは恥ずかしながら子供のころの遠い記憶でしかなくて、タンスの一種、或いは食器棚、っていう感覚しかありませんでした。

      本来、みずやっていうのは、「お茶」の世界で使われているものでして、「お茶」に使われる器や道具などを洗うための場所のことなんです。

      要は洗い場のことですが、茶室の一画には必ず設けてあります。

      ただの洗い場とはいえども、ちゃんと決まりがあるんですね。

      洗った食器類を置く棚の位置・高さ、その棚の意匠、壁の種類、そもそもの「みずや」の大きさなど、細かいところまでルールがあったりするみたいです。

      そしてこの度、なんとボクにこの「みずや」を製作してほしいという依頼が舞い込んでまいりました。

      「お茶」が好きな方でして、趣味が高じておうちの和室を茶室チックにされるようです。

      ただ、こんなボクですので、お茶の知識など全くございません。

      っていうか、ボクでいいんでしょうかって感じです。

      なんと、お世話になっているというお茶の先生まで紹介していただいて、先生のお茶室を拝見し、みずやの説明までしていただくこととなったのであります。

      いやいや、とても大切な経験ですっ!

      で、今回製作するみずやの場所はここ、和室の隣の縁側の端っこになります。

      ここにはごくごく普通の昭和な感じの古びた洗面台が置かれていましたが、これは撤去。

      洗面台のあとにみずやを製作するということで、水道・排水等の配管はすでに整っているのでいい感じ。

      おまけにちょうどいい案配にくぼんだスペースがみずや向き!?

       

      では早速製作に取り掛かります。

      まずは流し台!?(なんていう名前かわからない・・・)

      一番下に置かれる、排水パンの役割をする箱です・・・。

      四面プレーナを掛けた紀州ヒノキの四分板を用意して、製作にとりかかります。

       

      こんな感じの箱になりました。

       

      板金屋さんに発注して、先ほどの箱に銅板をグルリと被せていただきました。

      この加工はボクでは無理です・・・

      真ん中奥には排水口を設けてあります。

      見えてくる部分である前面のヒノキには自然塗料アウロで茶色に塗装。

      これを現場にセット〜!!

      よし、ジャストフィットであります、よかった。

       

      この銅板を被せた箱を基準に、どんどん製作していきましょう。

      周りに板壁を張りたいので、そのための下地を貼っていってます。

      みずやには細かいルールがあると前述致しましたが、ここは趣味の延長ということで割り切って頂いていますので、幸いきっちりしたものでなくても大丈夫とのことです。

      ですので、かなりオリジナルな感じでさせていただいてますっ

       

      もともとの取水口を利用して、カランをセット。

      自然塗料アウロを塗り込んだ10ミリ厚のヒノキの目透かし板を縦に張り込んで、壁板にしてみました。

       

      枠を貼ってここは完成。

      仕上げに竹釘を等間隔に配置。

      この竹釘に、お茶に使われる道具や茶器などを吊るして乾燥させます。

      因みに本来は竹釘を使うところですが、ボクはヒノキ釘を作ってみたのでありました。

       

      次に棚の製作。

      まずは棚受け。

      壁に対して棚を後付けすることになるので、棚受けがどうしても必要です。

      ちょっとだけ意匠に工夫するということにして、こんな感じにしてみます。

       

      ヒノキの箱のすぐ上くらいに一段目の棚を設置しました。

      この棚もヒノキです。

      棚は通常二段あるようです。

       

      次は茶器を仕舞うための小さな棚の製作。

      裏山でいい感じの細さの竹を切ってきて、隅に開口を開けた小さな棚に通し、現場にて今まさに設置の段階。

      これもオリジナル。

       

      こんな感じに納めました。

      ボンドを塗っているところは、固まるまでクランプでギュッと締め付けてます。

       

      天井裏に上って、照明用の配線を引っ張ってきます。

      ちょっと暗めの場所ですので、器を洗う時には手元を照らしてくれたほうがいいですもんね。

      和風な感じの照明を用意して吊り下げたら、いよいよみずやが完成です。

      ちょうど写真真ん中くらい、コンセントがあるのが気になるんですが、こんなところにって感じです。

      もともとあった洗面台のときに出ていたものなので、しょうがないということで・・・。

       

      先日再び伺ってきましたら、銅板の上には黒竹が敷かれていました。

      専門の問屋さんで作って頂いたみたいです。

      ちゃんと防腐処理が施されている黒竹です、立派です。

      わ〜、またぐんと素敵になるもんですね。

      一層それっぽくなりました。

      それっぽくって、いやいや、立派な!?みずやが出来ましたので、たいそう喜んでいただけました。


      ユニットバスの取り付けをしました。

      0

        JUGEMテーマ:DIY

        JUGEMテーマ:日々のくらし

         

        戦前の街並みが今もなお現存し、人が行き交い息づいている、なかなか全国的にも珍しい人区画の町。

        そういうところってだいたい道幅が狭くて、細い路地が入り組んでいて、迷路になっているような場所。

        市内にはそんな所があります。

        そこには住宅街兼飲食店街がひしめいてます。

        火災を含めた震災とか、ひとたび災害がおこったときには、クルマが入っていけないっていうので難しい面も抱えてますが、街並みを見て歩くだけでも風情があって結構楽しめますよ。

        そんな文化価値が高そうなエリアの一画にある小さなおうち。

        昔は大地主さんの離れだったようです、トイレはなんとかあるものの、風呂が設備されていません。

        実は何年もずっと空き家になっていた離れなんですが、最近になってここのおうちの持ち主が変わり、ここを新しく活用しようということになったようです。

        今回はこの小さなおうちにシャワーユニットを設置してみようと試みます。

        とてもじゃないですが、風呂っていう訳にはいかない小さなおうちです。

        シャワーが使えるようになれば、ようやく人も住むことが出来そうです。

        辛うじて、この押し入れのスペースを利用して、小さなタイプのシャワーユニットであれば納まりそうです。

         

        では早速ですが、作業に入りましょう。

        段取りその一、まずは取り壊し。

        壁を取り除いて床を取り除きます。

        ちゃんと壁は日本伝統の壁、土壁になっていて、仕上げにはしっかりと漆喰が塗られていました、さすが昔の壁です。

        でも土壁の撤去ってやったことのある人(ごくごく少数派)ならば分かるでしょうが、大変なんですよね。

        で、床下はそのまま地面になってましたね。

        うん、ここにはすっぽりとユニットが納まりそう!!

         

        次にインフラの整備をしていきますね。

        換気ダクトを設置しましょう。

        天井裏を4メートルほど「にゅ~っ」とダクトを這わせて、その先に換気口を取り付けて完了、ここはむきだしの土壁。

        長年の雨風でだいぶ流れ落ちてる感じです・・・

         

        次は配管作業。

        排水管と給水給湯の管を床下に這わせます。

        ユニットの座る押し入れから裏庭に抜けるように配管を施します。

        小さな小さなおうちですので、床下も狭いんですね。

        潜って入って行けない床下でしたので、作業が難しかったです。

         

        裏庭のある外壁にはボイラーを設置しましょう。

        ここの新しいご主人さんがホームセンターでお求めになったものです。

        この外壁は、ずいぶん昔にリフォームされたようで、トタンが貼られていました。

        このトタンもいい感じに朽ちてきてますが・・・

        で、ボイラーに先程の給水・給湯管を接続します。

         

        いよいよユニットの設置に入ります。

        まずは土台替わりとなる「パン」をボンドを併用してしっかり固定します。

        この水平をとることがメッチャ大事!!

         

        その上にパネルである壁を三方に落とし込んで囲ってしまえば、もうそれらしいですね。

        風呂ユニットではなくシャワーユニットであれば、一人でも難なく出来る感じでサクサクなのが楽しいですっ

         

        こちらが正面になります。

        もうすっかりシャワーユニットしてますね。

        古いおうちですから電線も古いので、照明や換気の電源は分電盤から1系統、新しく電線を引っ張ってきました。

         

        周りの柱類とで壁を作って、なんとか納め込みます。

        今回は無垢のヒノキの板を使ってみました。

        日焼けをしてくればいい感じに馴染んでくれるんじゃないかな~と期待を込めながらです。

         

        横の壁は手持ちにあった10ミリ厚の杉の羽目板を横に貼って仕上げてみます。

        その右隣はもともとの収納であった押し入れ。

        そもそもここの押し入れは障子仕様だったんです、なんか変ですね。

        っていうか、こんなところにシャワーユニットがあること自体がもっと変なんですけどね・・・。

        おしまい。


        鑿の柄の交換を試みました。

        0

          JUGEMテーマ:日々のくらし

          JUGEMテーマ:DIY

           

          いつもお世話になっている道具のノミたち。

          お世話になっている割には、「ノミ」のことをあまり知らなかったりしています・・・。

          それぞれの部位の名前すら、あまり興味がなくて知りませんでした・・・

          遅ればせながら最近になってようやく、いろいろと勉強する機会に巡り合っている気がします。

          あわせて鉄のことも知りたいと思い、今頃、本を読んでます。

          一言に「鉄」っていっても、それってホント奥が深いんですよね。

          遠い昔らからすでに鉄を利用していた人類、なんてすごいことなんでしょう、その製錬の技術の高さにも感服させられます。

          鉄なんて身近にありすぎて当たり前すぎるんだけども。

          いやあ、勉強していくにつれて、ボクなんてダメダメです。

          大雑把に言って現代人って、「ものづくり」からだんだんと遠ざかっているような傾向に思えてて、それに対する興味もだんだんと比例するように薄れていってるなあと思えるんだけれども、それって少し寂しいことのような気がするし、それではいかんなあとも思います。

           

          写真右側が、ボクの持っている叩きノミで一番幅のある1寸4分(42ミリ)のサイズ。

          中古で買ったものをずっと使っています。

          ボクより前に使っていた方はよほど愛用されていたんでしょうね、買った時から柄の短かったこと。

          ここまで柄がすり減るくらい使われていたんですね。

          でボクは、この柄の短さゆえに常々使いづらかったので、とうとう重い腰を上げることになりました。

          っていうかパッと思いつきました。

          柄を交換しよう!

          ずっと思っていたんですが、なかなかね・・・。

          交換する用の柄もちゃんと定めていたのに。

          その交換する柄が写真左側のノミです。

          これはずっと前から実家に仕舞われていて、だから当然サビサビになってしまってるんですが、残念ながらもう使われる機会はなさそうだし柄だけをいただこうかなと、とっておいたものなんです。

          この度はこちらのノミから柄を拝借して、1寸4分用の柄にさせて頂こうと思います。

          っていっても所詮中古のノミだし、少しばかり柄が長くなるだけなんだけど・・・。

          でもこの「少し」が必要で、あるとないとでは作業するのに全く違うんですよね。

          なので、今回は中古ですがこの柄にしておいて、次回、また機会が巡れば新品の柄を調達しようかな。

           

          まずは本体を柄から外します。

          恥ずかしいですが、柄の交換は初めての体験になります。

          昨今調べたいことなんてあると、ちょちょっと調べると、多数の回答、参考画像や参考動画がすぐに検索できるので、いやあ便利なもんです。

          師匠みたいな聞ける人が全くいないボク、全くの一人でなんとかかんとかなので、やることなすことがいちいち勉強になってます・・・。

          ググれる検索が大いに役立ってるんです。

          ボクの仕事ってほぼすべてが独学なもんで(いいのか悪いのか・・・)。

          それを言ってしまうと賛否両論があると思いますので、この辺にしておきます。

          って言ってる間に、口金をいろんな角度から叩いたら、二本とも外れました。

          ずっと眠っていた方のノミは柄の中で癒着が進行していたんでしょうか、外すのにちょっと時間がかかりました・・・

           

          そもそも二つのノミは、柄の中に納まる「込」と呼ばれる部位のサイズが違います。

          幸い、穴を広げてあげればちゃんと納まりそうです。

          ちゃんと納まるように、彫刻刀を引っ張り出してきて削ることになります。

          手持ちのノミは一番幅の狭いものが3分で、もっと小さいノミが必要な状態なんですが、そんなノミはございません!

          彫刻刀で0.1ミリ単位くらいで削っていって、合わせてみては削り、合わせては削りを繰り返しました。

           

          意外と楽しかったです。

          ちゃんと納まりましたし、実用可能!

          途中、蜜蝋ワックスを塗って柄の部分をコーティング。

          口金は特に内側に錆が回り込んでいたので、錆落としで磨いてからバーナーを使って焼きなましっちゃいました。

          この辺りもググって参考にさせて頂きました。

          ついでに口金も蜜蝋ワックスを塗りこんであげときましょう(いいのか悪いのか・・・)。

          「桂」の部分も錆を落としてからワックスがけ~。

          なんか手を掛けてあげたくなっちゃうんですね、どんどん愛着も湧いてくるってもんですっ!!

          これで一つ、少し経験値アップできた気がします。


          「トレイナート」の看板製作&設置です。

          0

            JUGEMテーマ:DIY

            JUGEMテーマ:日々のくらし

             

            今年も今月の10月から始まっています、「紀の国トレイナート2017」。

            トレイン(電車)+アート(芸術)の造語で、今年で4年目を迎える紀南のJR線を舞台にしたイベントです。

            アーティストたちが手掛ける駅舎アートを鑑賞できるほか、カフェ&生ライブ、朗読や占いなんかが催される臨時列車の運行、主要な駅でのバーや青空レストラン&カフェに生ライブなんかで、来てくれる人を楽しませてくれてます。

            って前回もそっくり紹介させていただいてます。

            ちょうど今日明日が「生ライブ列車」の運行日ですね!!

            で、御坊駅から新宮駅までの間の30の駅舎では、各々のアーティストたちがそれぞれの色でアートを楽しませてくれているんですが、今回はそのアートの内容を紹介するべく、30の駅舎の入り口に設置される案内看板の製作と設置と、そのお手伝いをさせていただきました。

            30もの駅を一人で作業するので、苦労が多そうなのは目に見えているのですが、張り切ってお手伝いします!

            予算の都合上、簡素な看板にならざるを得ません。

            あらかじめ看板の材質・大きさ等を打ち合わせで決めておいて、まずは現場の下見です。

            どこに設置するかは駅ごとに違ってきますし、設置方法も駅ごとに違います。

            ちゃんと事前に決めておかないとですもんね。

            っていうことで、日を改めて、実行委員長と一緒に30の駅をすべて回ります。

            JRさんの了解は既に取ってあるとのことで、どこにどんな風に設置するかはほぼおまかせな感じです。

            とはいっても一日で回りきれるようなものでもなく、お互いのスケジュールを見ながら何日かに分けて、30の駅の下見を無事に制覇。

            実行委員長が「ここに看板を設置したい」

            って言って、

            ボクは「ではこういう方法で設置しますね」

            って了承を仰ぐ感じ。

            駅と対面するまでは「大丈夫かなあっ」て不安がありますが、意外とスムーズに運びまして、難所なんかはほぼなさそうですっ。

            下見を終えたら、いよいよ看板の製作に入りましょう。

            用意したのは特類に分類されている普通にホームセンターで手に入る3x6尺の合板。

            これを真っ二つに真ん中で切って高さを少し低くしたら、今回の看板の大きさになります。

            ですので、用意した枚数は15枚。

            これらを看板の大きさにカットしました。

             

            そこに色を塗っていきます。

            指定は「白の二度塗り」。

            艶あり塗料は仕上がりがテカテカして落ち着かないので(個人の感想)、看板にするには艶消しがいいなと思いました。

            表と裏に全面、白の二度塗りを施します。

            「看板の製作をします」って大きいこと言ってますが、実はボクの製作はここまでで、この上からデザインされたカッティングシートを貼ったら看板として完成になるんです。

            とてもシンプルで実用的な看板ですっ

            っていうことで、軽トラに積み込んでこれから看板屋さんに納品してきます。

             

            さて、無事に看板が完成しました。

            昨日の夜に看板屋さんから連絡があって、その夜のうちにボクの家までわざわざ届けてくれました。

            で、あくる日の今日、早速看板設置に向かいますっ!

            ここだけの話、日程的にギリギリで、看板屋さんもかなり無理を強いられてたんです~(ボクもです~)

            でも今日はすがすがしい良い天気でまさに設置日和。

            早朝、一番北の御坊駅から張り切ってスタート。

            一つずつ南に下っていきます~

             

            御坊駅にはここに設置しました。

            あ、全駅、このようなデザインにしたみたいです。

            上半分がカッティングシートになってますっ

             

            御坊駅では現場で開口を4カ所開け、8ミリのボルトとナットをはめ込んだところに、針金をぐるっと後ろのフェンスに回し込む作戦。

            上下2カ所でフェンスにギュッと締め付けちゃいます。

            こんな感じの針金作戦の駅がほかにも10駅くらいあるのかな。

            駅の柱にぐるっと巻いたり、窓格子を利用してぐるっと巻いたりです。

             

            さて、この駅では発電機が登場。

            振動ドリルを使うので100ボルトの電源確保ですっ

            紀南沿線の駅は無人駅化している駅が多く、駅舎での電源確保が難しいんですね・・・

            目の前にはスーパーとか施設があるのはあるんですが、電源を借りるっていうのもね・・・

             

            4ミリのビスを使うので、それ用に振動ドリルで開口を開け、アンカーを打ち込みました。

             

            この駅では、4カ所のアンカー+ビス止めで、看板設置完了。

            ここの駅の他にも、発電機が出動する駅は結構あるんです~。

             

            ここの駅はサイディング仕様の壁。

            アンカーは効かないので、下地作戦。

            上下に二本、白く塗った寸二角の杉材を横に渡して下地にして、この上に看板を木ビスで固定しましょ。

             

            こんな感じ。

            下地が見えてくるけど、仕方ないのでご了承くださいね。

            こういう感じの駅も5つくらいあったかな。

             

            一つ一つの駅の作業はそんなに大したことではないのだけれど、いくつも回っていると少しずつ疲れが出てくるんですね・・・。

            移動して作業、移動して作業、軽いジャブがだんだんと効いてくる感じ。

            結局全部の駅を回るのに、まるまる3日かかりました・・・

            最終日、家路についたのが午後10時くらい、いやあ、ヘロヘロでした。

            でも楽しかった~。

            紀伊半島、北西の御坊駅から始めて、ほぼ順番通りの駅順で、最終は東端の新宮駅で終了を迎えたのでありました。

            この絵は、各駅での催しを紹介してくれていますよ。

            ってよく見えないですね。


            | 1/46PAGES | >>